top of page

silent #9


またしてもsilentの感想です。



今回は想の妹の萌ちゃんに私自身がフォーカス。



良い距離間でお兄ちゃんと接していく萌ちゃん。


私にも姉がいて、自分が妹側なので、萌ちゃんの動きに

常に共感するところがあります。


手話を誰よりも覚えているとことか。

お姉さんが結婚しているので、家族の中で自分が一番

手話をできるようになりたいな、って妹心があったんじゃ

ないかな?



自分が兄弟姉妹の中の何なのかに関わらず、親に対して

時々結束したり、兄弟姉妹の誰かをちょっと守ったり

(萌ちゃんだとCDのくだりなど)っていうのも、


あるなぁー


と思って見ちゃいました。




そして、色んなシーンでまたまたつられ泣きの第9話。




相変わらず、挿入歌のピアノの音が心に入ってきて、

余計に涙が出た。


最新記事

すべて表示

Dai Hirai「Symphony」- 歌詞が好きな理由

私は平井大さんの楽曲が好きでよく聴いているんですが、特に、 劇場版「TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜」の主題歌の 「Symphony」が好きです。 '世界は救えなくても 隣にいる一人を 抱き寄せる手ならここにある' という歌詞がすごくいいなと思っています。 政治家ではないので自分にできることは限られているけれど、 周りの人たちに差し伸べる手は誰もが持っていて、仕事でも プライベートでもその手

Snow Man - Shota Watanabe / Ren Meguro「Two」- MVの考察

今日の日中は空が青かったですね。 ランチの帰りに少し遠回りして、桜並木を通って空を見上げ ながら自宅に戻りました。 まだ春を感じられるのが嬉しいです。 私は職業柄、社内秘や社外秘事項を多く扱うので、気軽に人に 話すことができないものに向き合っている日があります。 そのため、自分で自分の気持ちを動かすことによって発想力を 高めたり気持ちを回復させたりして精神的に良い状態を保つことを 心がけていて、楽

キングダムに見る優秀人材の配置と育成

キングダム71巻、先日読み終わりました。 主役の信、同年代の蒙恬・王賁の3人は、その有能さに 国が気づいていて、早くから独立遊軍として独自の判断で 動くことが許されてきました。 今回も、独立遊軍であることが光っていたなと思います。 信が率いる軍は、何かあった時に王賁軍が助けに来てくれる ことを想定した作戦を取りました。 信につんつんした態度を取ることが多い王賁ですが、その 確かな実力と判断力、人

Comments


bottom of page