top of page

silent #9


またしてもsilentの感想です。



今回は想の妹の萌ちゃんに私自身がフォーカス。



良い距離間でお兄ちゃんと接していく萌ちゃん。


私にも姉がいて、自分が妹側なので、萌ちゃんの動きに

常に共感するところがあります。


手話を誰よりも覚えているとことか。

お姉さんが結婚しているので、家族の中で自分が一番

手話をできるようになりたいな、って妹心があったんじゃ

ないかな?



自分が兄弟姉妹の中の何なのかに関わらず、親に対して

時々結束したり、兄弟姉妹の誰かをちょっと守ったり

(萌ちゃんだとCDのくだりなど)っていうのも、


あるなぁー


と思って見ちゃいました。




そして、色んなシーンでまたまたつられ泣きの第9話。




相変わらず、挿入歌のピアノの音が心に入ってきて、

余計に涙が出た。


最新記事

すべて表示

お花の名前に色んな仕掛けがあるのね、と思って調べてみたら、 ◆「カスミソウ」の花言葉は、 幸福 感謝 だからおすそ分け。 なんだかとても、湊斗と奈々っぽい。 ◆紬の誕生日の4月28日の誕生花は、 「サクラソウ」。 ◆「佐倉想 サクラソウ」の花言葉は、 初恋 淡い恋 純潔 自然の美しさを失わない 希望 清らか 無邪気 青春 若者 少年時代の希望 長続きする愛情 若い時代と悲しみ 青春の喜びと悲しみ

ドラマsilent 第8話の感想です。 紬のお母さん最高!! 「じゃあねぇ、お母さん別に関係ないもん」最高! プリン誘うタイミングも最高♡ 母親の勘みたいなものってありますよね。 私の母も、別に何も言っていないのに、いつもと私の雰囲気が 少し違うと、なぜか気づくことがあって、びっくりします。 そして、リビングでTVを見ていて私に背中を向けていても、 ダイニングで私が何か間食していると、 「○○食べ

私と美容師さんは好きなTVの趣味が似ていて、美容院に行く度に TVのトークをしています。 最近はずっとsilentの考察を。 私が話していた、夏帆さん演じる女性と風間さん演じる男性が 昔の知り合いっていうの、当たっていたね、とか、 夏帆さんが青いバッグを欲しがっていたのは、普段は手話があるから リュックしか買えなくて、片手持ちバッグに憧れていたんじゃないか、 そしてそれを、映像だけで見せるのってス

bottom of page