「最愛」が面白い

更新日:2021年11月1日


皆さんは、金曜ドラマ「最愛」、見てますか?

サスペンスラブストーリーで、次が気になって毎週ドキドキです。



2つ目の事件の犯人は一体誰なのでしょう?

元陸上部の誰かなのか、弁護士の加瀬さんはじめ会社の誰かなのか、

家族の誰かなのか。



私は、今のところ、加瀬さんか元部員の誰かかな?と思っていますが。




タイトルも面白くて、それぞれにとっての「最愛」が描かれています。



「あの出来事さえ起きなければ、きっとみんなもっと幸せだったのに。」


そう思わずにはいられない切ない事件を発端にストーリーが展開していきます。

松下洸平さんの引き算のお芝居もステキで、「このセリフをこう言うのか」と 思うことも多く、必見です。




ドラマにはスタッフさんのチームがあるのだそうですが、

ドラマのHPの「スタッフ」のタブの中を見ていくと、


 脚本家

 プロデューサー

 演出家


などが載っているので、繰り返し見ていけば、自分が好きなドラマの制作陣が わかってきます。


これから新しくドラマが始まる時にはここを見てけば良いかも、と思いました。



TBSでここ数年のものですと、


 「着飾る恋には理由があって」

 「わたし、定時で帰ります」

 「恋はつづくよどこまでも」

 「グランメゾン東京」



ちょっと前ですと、


 「私 結婚できないんじゃなくてしないんです」


が好きです。



どうやって企画を話し合って、どうやって内容を詰めていくんだろう。

スタッフさんに密着してほしいです!



「最愛」はYoutubeでキャストの方々のインタビューが見られるのですが、

このチームのドラマに出演したいと思っている俳優さんてきっとたくさん

いらっしゃるんだろうな。



中でも、

「俳優にとっての一番のご褒美は報酬ではなく次の仕事だ」

という言葉にしびれました。



芸能の世界には保証がないので、次にまた呼んでもらえるかどうかわからない

ような厳しい世界でパフォーマンスを発揮していく、という点では起業家や

フリーランスの専門家とよく似ている。


ビジネスもドラマのチームも、プロフェッショナルが活躍していく世界。


多くの人が願ってそこに集まってくるような場所・チーム・人ってステキだな、

と思います。

最新記事

すべて表示

これまで担当させていただいたお仕事をジャンル別に記載した ページを作りました。 良かったらご覧ください。 Case & Works https://www.capire.jp/case-works 人事制度の設計をする際には、私から提案させていただいた案を その会社に合うようにカスタマイズしたり、要・不要の判断をして いただいたりと経営目線が必要なので、必ず役員の方のご同席を お願いしています。

以前「歴史の勉強」という記事を書きましたが、 歴史を学んだら面白いかもよ、と教えて下さった この役員さんとは、お仕事の時はご挨拶程度の関係性でした。 私と仕事をご一緒されていた他の方々から話を聞き、 「話してみたい」と思ってくださったそうで、 「契約満了日に社長と3人で飲みに行こう」と誘ってくださって、 色んな話をしました。 帰りにスイーツまで持たせてくださって、 「半年に1回くらいは情報交換飲み

昨日、劇団四季の「アナと雪の女王」を観てきました。 とてもステキで、2回泣いちゃいました。 実は母が1年半ほど前に姉の誕生日プレゼントとしてこのチケットを 購入してくれていたのですが、コロナの影響で公演が先送りになり、 昨日やっと観ることができました。 (私はおまけで行かせてもらいました^^ 母に感謝。) 母には昔からクラシックのコンサートに連れて行ってもらったり、 音楽番組の観覧に連れていって