top of page

Snow Manさんの「W」のDance Practice動画が人事的に見ても好きな話

更新日:4月10日


時々このブログでお話させていただいているSnow Manさん。 私がダンス動画の中でも特に好きなのが、「W」という楽曲です。 振り付けはs**t kingzのkazukiさん。  Snow Man「W」Dance Practice  https://youtu.be/7JH02ylIgxQ?si=8Lu0sISyCdTrJhIq

カメラアングルも振り付けも面白くて好きなのですが、



・振りに「フリースタイルでどうぞ」の部分があるので、個性が出る

 

・みんなが音を取るタイミングは同じなので、個性がありながらも

 揃っている


・個性を消して細かい角度まで合わせるダンスと逆のスタイルなので、

 何度も見たくなるし、飽きない



個々のスキルや表現力が優れているグループでないとそもそもこれが

実現できないので、これを会社に置き換えた時に「最高の形だな」と

いつも思うんです。 「一人一人がハイパフォーマーでプロフェッショナル」なのだけれど、

「まとまりがある上に個性があって唯一無二」という感じ。


私が目指す組織の姿をダンスにしたらこうなるような気がして、

何度も見たくなる動画です。

二面性を表現している楽曲なので、最後は前から見ると「W」では

なくて「M」に見える、後ろから見た時に初めて「W」に見える

フォーメーションで終わるところも面白い。

良かったら観てみてください。


最新記事

すべて表示

企業カルチャーとのミスマッチは応募書類でわかることがあります

講座「採用に失敗しにくい書類選考と面接法」では、書類選考の コツをつかんでいただくためのケーススタディとして、個人情報 部分を黒塗りしてもらい、私に事前情報を何も伝えないでいただき、 受講企業だけが知っている方の応募書類を複数見せていただいて、 私がどんな方なのかをフィードバックしていく時間があります。 その際に 「働き方が御社と合わなそうですね」 とお伝えした書類がありました。 後で話

Dai Hirai「Symphony」- 歌詞が好きな理由

私は平井大さんの楽曲が好きでよく聴いているんですが、特に、 劇場版「TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜」の主題歌の 「Symphony」が好きです。 '世界は救えなくても 隣にいる一人を 抱き寄せる手ならここにある' という歌詞がすごくいいなと思っています。 政治家ではないので自分にできることは限られているけれど、 周りの人たちに差し伸べる手は誰もが持っていて、仕事でも プライベートでもその手

採用要件設定の落とし穴

講座「採用に失敗しにくい書類選考と面接法」のオーダーを いただいているため、今日はその準備をしています。 会社員だった頃から色んな企業の求人内容を目にしてきましたが、 自社と似た環境にいたことを採用要件に複数掲げている募集を よく見かけてきました。 でもこれは、時に採用の失敗につながりやすい探し方です。 それがなぜなのかや、今後どうすれば良いのかを講座の中で お伝えしています。 また、応募書類の

Comments


bottom of page