判断

最終更新: 2018年12月5日



「キングダム」っていうマンガを読んでいたらふと書きたくなりました。 30~31歳の頃に出会った方々や上司の話です。

---------------------------------------------------------------------------------


リーマンショック後、私が派遣社員として就業していた投資顧問が経営破たん。

総務をしていた時期は、こういった不思議な強制終了が続きました。


その後の転職活動で内定した会社へ行く未来にピンとこなかった私は、

念のためアルバイトを探し、富裕層向けのフィットネスクラブで募集していた

受付のお仕事に採用が決まりました。


30代前半でアルバイトというのはなかなかチャレンジングだなと思いましたが、

私の直感は「ここへ行きなさい」と強く言っていました。


当時は、派遣での就業に関する色々なニュースが飛び交っていた時期だったので、

両親も「直接雇用だし良いんじゃない?」と珍しく背中を押す。



私は、時々、神様はチェスをすると思っています。


きっとここに何かがある。

理由は後からわかるだろう。


私の心は決まりました。



入ってから知ったのですが、このフィットネスクラブのマネージャーは、

面白い研修をたくさんしてくださる方で、スティーブ・ジョブズ氏の

スタンフォード大学でのスピーチの動画を見せてくれたり、


「リッツ・カールトンにはいざっていう時に上長に断りを入れずに目の前の

お客様にとって最良だと考えるサービスを提供して良いっていう制度があるんだ」

といった話を聞かせてくださったり。


私は研修の日が好きでした。



そんな日々の中、ある男性の入会手続きを担当することに。


手続きの最後には、このクラブの規則をお伝えしなければいけません。


いつものように、「入会いただく皆様にお伺いしているのですが、カラダの

どこかにタトゥーは入れていらっしゃいませんか?」と尋ねると、


初めての、「あ、入れてます」というお答え。

手首にオシャレタトゥーが入っているのを見せてくださいました。


でも、ご職業は健全なもの。とても礼儀正しい印象のお客様。



会社には「タトゥーが入ったお客様は入会をお断りしなければならない」

という規則がありました。


このクラブの会員さんの中には、細やかな方もいらっしゃる。


他の会員さんに知られてしまった場合の影響を考えると、この方だけ特別に

というのは良くないかな…と考え、私は会社の決まりに従って入会を

お断りすることに。



書類を持ってオフィスに戻ると、マネージャーから

「さっきのお客様は入会しなかったの?」と聞かれました。


事情を話したら、そばにいた社員さんは、

「仕方ないよね。良い判断だったと思うよ。私もその立場だったら

お断りする。」と言ってくれましたが、


マネージャーは、

「お客様にはリストバンドを使ってお風呂やサウナでも隠していただく

ようにお願いして、万が一周りの方に知られてしまったらその時に

怒られれば良かったのに。」と仰いました。



どちらも正解に思えるけれど、なぜタトゥーを禁止しているのか、

そのルールが存在している理由を考えると、マネージャーの考えのほうが

柔軟でお客様にとっても良かったんじゃないかなって気がしてしまいました。



「その判断ややり方もありなのか~」っていう場面を目にすることが多く、

「この人たちのやり方や目線に追いつこう」と思ったフィットネスクラブ。


個人事業主の方との出会いも多くあり、その中の一人からご紹介いただいた

美容サロンの社長に誘われ、私は次にその方と仕事をすることになる。



私の心や人生に、新しい風が吹いた場所でした。




#自分らしく働く #Capire #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力

目指すところ

パラビで久しぶりに「グランメゾン東京」を視聴。 (裏ドラマ「グラグラメゾン東京」もおすすめです!) 料理や接客の細かいところまでこだわっていて、一つ一つに意味があり、 みんなで素晴らしいお店を作り上げていく過程が好きで、TVで放送 されていた頃は次の週までに同じものを2回くらい見てました。 私が19歳の頃からお世話になっている美容師さんもグランメゾン東京が 好きで、ドラマの話で盛り上がり。 お話の

インプット

最近ちょこちょこ聴くようになったラジオ。 才能分業明細書®を作る時に聴くことが増えました。 適度に音の刺激があったほうが目の前の仕事に集中できるので、 音楽を聴いたりラジオを聴いたりしながらやることがあるのですが、 職業柄、人にお会いしてお話を伺う機会が多いので、仕事の技術力 アップにも良いな!と思っています。 リスナーさんからの質問への回答や出演者のコメントへの切り返しに 柔軟性と受容性がもの