top of page

コミュニティ運営をしてみてわかったこと

10/4にマンガお気に入りプレゼン会を開催するんですが、複数の

方から立候補をいただき、プレゼン者さんは締め切りました!


聞くだけ参加者さんも出席予定の方が結構いらっしゃるので、

みんなでワイワイできそう。

どんなマンガのどんな話なんだろーと今から楽しみです。


プレゼン者さんたちとは事前準備のため、やりとりをしています。


---


コミュニティは、自分自身も会員側として複数所属しているの

ですが、実際に自分で運営してみると、1つのイベントを

運営するのにイベントページを作ったり、スピーカーの方と

やりとりをしたり、コミュニティメンバーとやりとりしたり、

企画を考えたり、入会手続きや面談をさせていただいたり、

告知のための動きをしたりと、ドラマが始まる前に色んな

番組に出演する俳優さんとスタッフさんの一人二役みたいな

感じで、なかなか忙しいものなんだなと実感しています。


他のコミュニティの運営者さんに感謝です

そして、人事の部屋に入会してくださっているみなさんや、

単発参加してくださる方々にも☺︎




最新記事

すべて表示

今、私が運営しているコミュニティ「人事の部屋」のメンバーに ゆる企画への関心度アンケートを取っているところです。 Google Formでアンケートを作ってから一緒に運営している人に 管理者権限を付与して結果を共有できるように準備しておいたら、 なんと、 アンケートに答えてくれてる!! ・・・会員さんですか?笑笑 笑っちゃって、本人にすぐメッセしちゃいました。 あなたも一緒に運営するのですよ〜

先日、経営者と人事のコミュニティ「人事の部屋」で、 ヘッドハンティング経由で転職された方のお話を対談形式で お届けしました。 その後は参加者同士でディスカッション。 ヘッドハンティングからの派生でリファーラル採用の話、 リファレンスチェックの話、そもそもの採用スタンスの話、 重要ポストの採用法、どんな時に人が辞めるかなど、色々 話しました。 ヘッドハンティングの実態がわからないという会社も多いと

bottom of page