top of page

適材適所を比較 スポーツ vs ビジネス


スポーツでは、それぞれの選手が得意なポジションを担当します。

例えばサッカーなら、


Aくんをキーパーに。

Bくんを右サイドバックに。


野球なら、


Cくんをキャッチャーに。

Dくんをピッチャーに。


なんてことをやります。

結果も点数ではっきり出るので、効果の有無がわかりやすい。


そして、このチームが強かった場合、もし急に監督が

「CくんとDくんのポジションを入れ替えよう~!」と言ったら、


チームメンバーは

「えええええ!!!!」

と思うでしょう。


それぞれがスポーツ万能な人なのだとしても、既に強いチームの

キャッチャーとピッチャーのトレードは危険だと感じるからです。



企業で人事異動をする場合には、スポーツと違って効果がはっきり

目で見えにくいので、Before & Afterをきちんと見るようにすれば、

社員の方たちがより働きやすい会社になっていくのではないでしょうか。



#適材適所 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

企業カルチャーとのミスマッチは応募書類でわかることがあります

講座「採用に失敗しにくい書類選考と面接法」では、書類選考の コツをつかんでいただくためのケーススタディとして、個人情報 部分を黒塗りしてもらい、私に事前情報を何も伝えないでいただき、 受講企業だけが知っている方の応募書類を複数見せていただいて、 私がどんな方なのかをフィードバックしていく時間があります。 その際に 「働き方が御社と合わなそうですね」 とお伝えした書類がありました。 後で話

Dai Hirai「Symphony」- 歌詞が好きな理由

私は平井大さんの楽曲が好きでよく聴いているんですが、特に、 劇場版「TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜」の主題歌の 「Symphony」が好きです。 '世界は救えなくても 隣にいる一人を 抱き寄せる手ならここにある' という歌詞がすごくいいなと思っています。 政治家ではないので自分にできることは限られているけれど、 周りの人たちに差し伸べる手は誰もが持っていて、仕事でも プライベートでもその手

採用要件設定の落とし穴

講座「採用に失敗しにくい書類選考と面接法」のオーダーを いただいているため、今日はその準備をしています。 会社員だった頃から色んな企業の求人内容を目にしてきましたが、 自社と似た環境にいたことを採用要件に複数掲げている募集を よく見かけてきました。 でもこれは、時に採用の失敗につながりやすい探し方です。 それがなぜなのかや、今後どうすれば良いのかを講座の中で お伝えしています。 また、応募書類の

Comentarios


bottom of page