top of page

誰でもカンタン!上司や経営者になる準備

更新日:2020年7月7日


新卒で入社してから、会社に何年か勤めると、早い人だと3年後くらいに部下持ちに

なったりします。

もしかしたら副業したり起業したりする可能性も。


でも、入社したての頃は、自分がいずれ上司になったり経営者になったりするって

ことなんて、考える余裕がないもの。


そして、いざその立場になってから、急いで内面を磨く人、なんとなくセンスで

こなせてしまう人、何もせずそのまま時を過ごす人がいるのかな、と思います。



私は、下着メーカー時代に自分の担当店舗の販売員さんたちををまとめる立場に

なったことがあるのですが、何の準備もしない状態でその仕事に就いてしまい、

仕事の合間に少し学んだりもしたけれど、なかなか難しいものでした。


そして、どの会社でも、上司の対応の仕方に不満を持つ人に必ず出会いました。

自分がその一人だったことももちろんあります。


理想を言えば、企業や学校側がリーダー教育の機会を提供するようにしたら素敵な

のですが、転職が当たり前になっているこの時代、そういう場を提供してくれる会社は

少ないので、自分なりに学んでおくことの方が大切だと思います。



なぜこんなことを考えたのかというと、以前、ある方が「リーダーシップを学べると

思うよ」と言って、「キングダム」っていうマンガを貸してくれたから。


マンガを読み進めながら、こういう楽しい準備の仕方なら誰にでもできるかもなーって

思っちゃったのでした。



ちなみに、このマンガは、リーダーの立場・部下の立場両面においての決断、気配り

なんかもすごく参考になります。


例えば、Aという決断をしたリーダーを部下たちがどう支えるか、状況の変化によって

今度はBという決断をしたリーダーに部下たちがどんな言葉をかけるのか、などなど。


見ていて両方に対して「おっ!」って思う場面があります。



上司も部下も同僚も、家族も、彼氏彼女の関係も、それぞれが自立し、支え合ってこそ、チームとして成り立つ気がする。


人との接し方にはその人の人生が反映されやすいもの。

だからこそ、ずっと磨いていたいですね!


自分磨きにはぜひマンガを。




#ユニークな制度 #組織作り #起業 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

Dai Hirai「Symphony」- 歌詞が好きな理由

私は平井大さんの楽曲が好きでよく聴いているんですが、特に、 劇場版「TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜」の主題歌の 「Symphony」が好きです。 '世界は救えなくても 隣にいる一人を 抱き寄せる手ならここにある' という歌詞がすごくいいなと思っています。 政治家ではないので自分にできることは限られているけれど、 周りの人たちに差し伸べる手は誰もが持っていて、仕事でも プライベートでもその手

Snow Man - Shota Watanabe / Ren Meguro「Two」- MVの考察

今日の日中は空が青かったですね。 ランチの帰りに少し遠回りして、桜並木を通って空を見上げ ながら自宅に戻りました。 まだ春を感じられるのが嬉しいです。 私は職業柄、社内秘や社外秘事項を多く扱うので、気軽に人に 話すことができないものに向き合っている日があります。 そのため、自分で自分の気持ちを動かすことによって発想力を 高めたり気持ちを回復させたりして精神的に良い状態を保つことを 心がけていて、楽

キングダムに見る優秀人材の配置と育成

キングダム71巻、先日読み終わりました。 主役の信、同年代の蒙恬・王賁の3人は、その有能さに 国が気づいていて、早くから独立遊軍として独自の判断で 動くことが許されてきました。 今回も、独立遊軍であることが光っていたなと思います。 信が率いる軍は、何かあった時に王賁軍が助けに来てくれる ことを想定した作戦を取りました。 信につんつんした態度を取ることが多い王賁ですが、その 確かな実力と判断力、人

Comments


bottom of page