誰でもカンタン!上司や経営者になる準備

更新日:2020年7月7日


新卒で入社してから、会社に何年か勤めると、早い人だと3年後くらいに部下持ちに

なったりします。

もしかしたら副業したり起業したりする可能性も。


でも、入社したての頃は、自分がいずれ上司になったり経営者になったりするって

ことなんて、考える余裕がないもの。


そして、いざその立場になってから、急いで内面を磨く人、なんとなくセンスで

こなせてしまう人、何もせずそのまま時を過ごす人がいるのかな、と思います。



私は、下着メーカー時代に自分の担当店舗の販売員さんたちををまとめる立場に

なったことがあるのですが、何の準備もしない状態でその仕事に就いてしまい、

仕事の合間に少し学んだりもしたけれど、なかなか難しいものでした。


そして、どの会社でも、上司の対応の仕方に不満を持つ人に必ず出会いました。

自分がその一人だったことももちろんあります。


理想を言えば、企業や学校側がリーダー教育の機会を提供するようにしたら素敵な

のですが、転職が当たり前になっているこの時代、そういう場を提供してくれる会社は

少ないので、自分なりに学んでおくことの方が大切だと思います。



なぜこんなことを考えたのかというと、以前、ある方が「リーダーシップを学べると

思うよ」と言って、「キングダム」っていうマンガを貸してくれたから。


マンガを読み進めながら、こういう楽しい準備の仕方なら誰にでもできるかもなーって

思っちゃったのでした。



ちなみに、このマンガは、リーダーの立場・部下の立場両面においての決断、気配り

なんかもすごく参考になります。


例えば、Aという決断をしたリーダーを部下たちがどう支えるか、状況の変化によって

今度はBという決断をしたリーダーに部下たちがどんな言葉をかけるのか、などなど。


見ていて両方に対して「おっ!」って思う場面があります。



上司も部下も同僚も、家族も、彼氏彼女の関係も、それぞれが自立し、支え合ってこそ、チームとして成り立つ気がする。


人との接し方にはその人の人生が反映されやすいもの。

だからこそ、ずっと磨いていたいですね!


自分磨きにはぜひマンガを。




#ユニークな制度 #組織作り #起業 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない

振付師兼ジャズダンサーであるONDY(恩田和典)さんのバースデー ショー「星のシアター」を会場で観てきました。 ミュージカルの楽曲を中心とした歌とダンスのショーで、恩田さんは 自身も出演しつつ、構成・演出と全曲の振付を担当されています。 観客の満足だけではなく、出演者の皆さんの希望も叶えるという点にも 配慮した内容になっていたので、振付は普通に作るよりも難しいんじゃ ないかなと思っていましたが、み