職種Aをやると職種Bに魅力を感じて、職種Bをやると職種Aに魅力を感じる

最終更新: 2018年12月4日



以下、20代の頃の会話です。

元SEの友人談。

「事務系の仕事をすると、肩がこるし、目が疲れるよねー」

「でも、営業をやるとからだが疲れるんだよね。特に脚!」


元販売員の同僚談。

「販売の仕事をしてると、何か作業をしている時でもお客様から急に

話しかけられちゃうのが辛くて、自分のペースでできるコツコツ系の

事務の仕事がしたくなるんですよね。


でも、事務職にいざ転職すると、お客様と話せる仕事の方が楽しいなって

思って、また販売員に戻りたくなるんですよね。」



すごくわかる。。。

私も、動く仕事と座り仕事、両方やったことがあります。

どっちの仕事に就いても結局は良い部分と辛い部分があって、どちらかというと 好きな方を選んだら良いのかなとも思ったりしますが、大事なことがひとつある。


私達は、

「ここで抜けてしまっている視点は、人生観なのかもね」

と話しました。


もっと大きな視点で人生をとらえると、仕事人生に対する答えもおのずと

見えてくるんじゃないかな、って。



#自分らしく働く #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力

目指すところ

パラビで久しぶりに「グランメゾン東京」を視聴。 (裏ドラマ「グラグラメゾン東京」もおすすめです!) 料理や接客の細かいところまでこだわっていて、一つ一つに意味があり、 みんなで素晴らしいお店を作り上げていく過程が好きで、TVで放送 されていた頃は次の週までに同じものを2回くらい見てました。 私が19歳の頃からお世話になっている美容師さんもグランメゾン東京が 好きで、ドラマの話で盛り上がり。 お話の

インプット

最近ちょこちょこ聴くようになったラジオ。 才能分業明細書®を作る時に聴くことが増えました。 適度に音の刺激があったほうが目の前の仕事に集中できるので、 音楽を聴いたりラジオを聴いたりしながらやることがあるのですが、 職業柄、人にお会いしてお話を伺う機会が多いので、仕事の技術力 アップにも良いな!と思っています。 リスナーさんからの質問への回答や出演者のコメントへの切り返しに 柔軟性と受容性がもの