職種Aをやると職種Bに魅力を感じて、職種Bをやると職種Aに魅力を感じる

更新日:2018年12月4日



以下、20代の頃の会話です。

元SEの友人談。

「事務系の仕事をすると、肩がこるし、目が疲れるよねー」

「でも、営業をやるとからだが疲れるんだよね。特に脚!」


元販売員の同僚談。

「販売の仕事をしてると、何か作業をしている時でもお客様から急に

話しかけられちゃうのが辛くて、自分のペースでできるコツコツ系の

事務の仕事がしたくなるんですよね。


でも、事務職にいざ転職すると、お客様と話せる仕事の方が楽しいなって

思って、また販売員に戻りたくなるんですよね。」



すごくわかる。。。

私も、動く仕事と座り仕事、両方やったことがあります。

どっちの仕事に就いても結局は良い部分と辛い部分があって、どちらかというと 好きな方を選んだら良いのかなとも思ったりしますが、大事なことがひとつある。


私達は、

「ここで抜けてしまっている視点は、人生観なのかもね」

と話しました。


もっと大きな視点で人生をとらえると、仕事人生に対する答えもおのずと

見えてくるんじゃないかな、って。



#自分らしく働く #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

私は、ふとした時に急にアイディアが降ってくるので、思いついた時に ノートにそれらをバーッと書いておくようにしています。 できるだけジャンルごとに。 着想ノートは罫線なしの方がより自由に発想できる気がするので、 いわゆる子供の自由帳みたいな白い紙が好きです。 着想ノートの各ページに書いた内容を頭の中にPDFスキャンみたいに 記憶しておくと、忘れにくくて頭も整理されていくので、おススメです。 TVを見

社会人になってから、心理学系を中心に興味があるものを色々と 勉強していたのですが、起業する前の試験運転時代に、友達に 心理学のツールを使った対話をさせてもらったところ、 「シナプスみたいだね」 「感覚的に相手の本質や本心を見抜いているよね」と言われることが 何度かありました。 それってみんなできることなんじゃないのかな、と思ったのですが、 どうやらそんなことはないらしく、私は相手の人が気の赴くま

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ