空白の時間に得たもの


今年の前半は、体が疲れていたことが理由で少しお仕事をセーブ

してきたのですが、その時間は、改めて自分の仕事の仕方や時間の

使い方に向き合う機会になりました。



空白の時間て本当に大事ですね。



この期間で見えてきたのは、


「自分が作り出した仕事や、志を同じくしている人たちと一緒に

やる仕事にもっと時間を使っていきたいな」


「何かに本気の人を、全力応援したいな」


という想いでした。




世にある仕事をお引き受けしていくこともスキルアップという

意味では大事なのですが、


・人事領域従事者のコミュニティー「人事の部屋」の規模を拡大

 して、たくさんの会社をより良い場所にしたい


・大学でキャリアデザインの単発講座をしたい


・才能診断やグループ分析事業を通して、ビジネス界だけではなく、

 スポーツ界や芸能界で本気で何かを成し遂げようとしている方々の

 才能開花やチームビルディングをサポートしたい


・面接顧問をすることで、企業とそこで働く方々の両方を幸せに

 したい


と思うと、時間の使い方を変えないといけません。




前半、体が疲れていたのもきっとご縁。


今年後半は、動きます!


最新記事

すべて表示

2018年度の近畿大学卒業式でのスピーチ。 好きな考え方・感性で、自分の人生を振り返ってみても、 ああ、わかるな…と思いました。 近畿大学のYouTubeより: https://youtu.be/dJT_L6d_fU8 --- 最近、これからの世の中を考えたビジネス構想を持っている方との 出会いが増えています。 子供や下の世代に向けてこういうことを伝えられる大人が増えていくと 良いですよね✨

昨日は、交流の場で人事制度設計を担当させていただき今は伴走 フェーズに移っている顧問先の経営者の方とお会いする機会があり、 少しお話をしていたら、 「制度設計をしたことで中が整って、人を採用した後のパフォーマンスを 判断する指標が出来たので、安心して採用のアクセルを踏むことが できるようになりましたよ。」 と言ってくださいました。 嬉しかったです✨

最近、自分で勝手に仕事を作り出しては忙しくなる日々で、 アポの後、自分の作業にやっと手をつけることができるのが 夜になってしまっていました。 面接官の仕事が一日4~5件あっても疲れない&その後に やることはそれほど多くないのですが、経営者の方との会話が 一日4~5件だと、思考が動いたりやりたいことが出てきたり してしまうので、 これはアポの入れすぎね! と思い、今週から予定入れのペースを落とすこと