「同じ」を超えて


「日曜日の初耳学」を見ていたら、冨永愛さんが出演されていて、林先生と


「学校教育は、均一に何でもできるようにしようとしがちだけれど、得意な ことを1つでも良いから見つけて、それを伸ばしたほうが良いと思う。」

「『でも、それが見つからないんです。何もできません。』で済む時代じゃ

ないと思う」


といったことを話していました。

本当にそうだなぁ、、、と思います。

小学生の時、「学年て必要なのかな」と真剣に考えてみたことがありました。

HRと体育みたいに同学年同士の方が良さそうなものと、学年というくくりは いらないのでは、と思うものがあったから。


「同じ」を取っ払った先に得るものってあるんじゃないかな。




最新記事

すべて表示

「ブランドとは何か?」 今の顧問先の代表の方がこの問いに興味を示してくださったので、 人事制度設計前に「自社への誇りやブランドが生まれる背景」を 書面にまとめてディスカッションしたことがあります。 「本物とは何か?」という問いにも近いかも。 この話はパワポ資料になってしまったくらい長いのでこちらに 書けないのですが、これも学生時代から大好きな考え事です。 この問いについて、ある程度自分の中では答え

「シャツが似合う人とは?」 「ブランドとは何か?」 私はこの問いについて考えることが好きです。 --- 今、有楽町ルミネがある場所には、かつて有楽町西武がありました。 ここには外資系のブランドが多く入っていて、169cmと背の高い 私にとっては嬉しいラインナップ。 学生時代はよくここで買い物をしました。 当時、地下にワンフロアを贅沢に使ったラルフローレンのショップが あり、そこに生地の良いシャツが

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない