「同じ」を超えて


「日曜日の初耳学」を見ていたら、冨永愛さんが出演されていて、林先生と


「学校教育は、均一に何でもできるようにしようとしがちだけれど、得意な ことを1つでも良いから見つけて、それを伸ばしたほうが良いと思う。」

「『でも、それが見つからないんです。何もできません。』で済む時代じゃ

ないと思う」


といったことを話していました。

本当にそうだなぁ、、、と思います。

小学生の時、「学年て必要なのかな」と真剣に考えてみたことがありました。

HRと体育みたいに同学年同士の方が良さそうなものと、学年というくくりは いらないのでは、と思うものがあったから。


「同じ」を取っ払った先に得るものってあるんじゃないかな。




最新記事

すべて表示

戦略×実力×人間性×個性×継続=最強 不思議な計算式を書いてしまいましたが。 私がコンサルタントとして今刺激を受けているのがSnow Manさん。 彼らを計算式にしてみようと思ったらこんな式になりました。 彼らを知ったきっかけは、緊急事態宣言中にNetflixで見た RIDE ON TIMEというドキュメンタリー。 ジャニーズに詳しくない私が、身体能力の高さに興味を持って Youtubeを見てみた

先日は、皆既月食とスーパームーンの日でしたね。 近所の見晴らしの良い場所でお月様待ちしていた時に 同じように近くで空を眺めていた親子と 「お月様見えます?」 「見えないですねぇ」 と話した後、自宅に戻ってしばらくしたら、ベランダから 皆既月食がきちんと見えた夜でした。 昔の人もこうして空を見ながら会話をした夜がたくさん あったんだろうな。 ここ10年くらい、長く続く命のバトンを持っている自分の代を

ある日、お仕事関係の方に教えていただいて、私が人生において大切に しているものを3つカンタンに割り出してみることに。 結果は、 ・家族 ・愛情 ・楽しむ でした。 人生観と交差するような働き方ができるとすごく良いので、もっと深く 割り出せたらお客様のお役に立てるかも、と考え、その後、心理学の知識を 使って完全オリジナル版を作り、必要な場合にご提供しています。 企業で使っても効果的なので、ご興味がご