男性の得意分野と女性の得意分野

最終更新: 2018年12月4日



私がこれまでの人生で一番謎の体調不良を抱えやすかったのは、

自分探しをしていた時期と、独立の準備を始めた頃でした。


逆に今は仕事の仕方に「このへん」ていう着地点を見つけているので、

体調を崩すことはありません。



体調をよく崩していた時期に、私の体メンテナンスの専門家がこんなことを

教えて下さいました。


「何かを生み出したり広めたりするのって、男性性のエネルギーなんですよ。

逆に、女性はそれを維持したり守ったり育てたりするのが得意なので、

今は、自分にはないエネルギーを使って負荷がかかっているから、

体がバランスを崩すわけです。」



…なるほど。

人類の歴史を見ても理にかなってる。


男性の経営者の方がビジネスの展開方法がアグレッシブでダイナミックな

印象があるのも頷けます。


しかも、私はまさに「維持したり守ったり育てたりする」部分を

事業にしちゃいました。


私が行っている本質分析は、性別や他者を考慮しません。

相対評価ではなく絶対評価なので、「人よりスゴイかどうか」は割り出せない

ものです。


でも、性別による相対評価で考えると、これは男性が得意でこれは女性が得意って

ものが確かにあるのかも。




#得意分野 #強みを活かして働く #自分らしく働く #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

適職はなぜ見つけにくいのか?

「自分らしく働きたい」 そう考える人は多いです。 でも、具体的にどんな働き方かと問われると、明確には答えにくいもの。 なぜ、適職は見つけるのが難しいのでしょうか。 そこにはこんな理由がありました。 「現在の自分」は、 「本来の自分」 と「後天的に形成した自分」でできています。 「本来の自分」は、自身の性格の種のようなもので、生まれつきそういう特徴を 持っていて、一生変わらないと言われています。 逆

適材適所を比較 スポーツ vs ビジネス

スポーツでは、それぞれの選手が得意なポジションを担当します。 例えばサッカーなら、 Aくんをキーパーに。 Bくんを右サイドバックに。 野球なら、 Cくんをキャッチャーに。 Dくんをピッチャーに。 なんてことをやります。 結果も点数ではっきり出るので、効果の有無がわかりやすい。 そして、このチームが強かった場合、もし急に監督が 「CくんとDくんのポジションを入れ替えよう~!」と言ったら、 チームメン

ステキな会社をつくるには

転職情報サイトを見ていると、「未経験者でもいけるんじゃないかな?」と 感じる募集を目にすることがあります。 例えば、 ・営業事務で「○○というソフトの経験者」 →ソフトの使い方を1ヶ月教えたら自走できそう。 ・「秘書経験2年以上」「部内アシスタント経験3年以上」 →気が利いて、事務処理がしっかりできる人なら未経験でもできそう。 元営業職だったりしたら、相手の状況や気持ちを想像して動いてくれる こと