現代と江戸時代

更新日:2月26日

散歩をしていると、


「このあたり一帯は雰囲気が良くて、ここから先は

雰囲気が少し変わるな」と感じることがあります。


そこで、江戸時代と現代の対比アプリで、昔何があった

場所なのか調べてみると、ピンポイントで私が雰囲気が

良いと感じるエリアや好きな街・物件には、かつて

大名屋敷など地位がある方のお住まいがありました。


今は、何も知らない方が面白いので、家に戻ってから

散歩で感じた雰囲気との答え合わせをするように。


なんだか不思議です。


場や土地が持つ「気」「波動」なのだと思いますが、

昔の人が家を建てる前にそれを調べていて、気が良い

場所だからそこにお屋敷を建てているのか、それとも

大名屋敷があった場所だから気が良いのか。

答えがわかる方がいらしたらお伺いしたいです!



家とは違いますが、会社にも「雰囲気」はあり、初めて

その会社にお邪魔した時に感じる空気感みたいなものは

会社によって違います。


人事顧問はいつも論理的に行っていてスピリチュアルな

支援はしていませんが、お客様と一緒に論理でつくって

いった組織の状態は、未来にその会社に訪れる誰かに

とっての第一印象(=雰囲気)になるのかもしれません。


その方に、「良さそうな会社だ!」と感じていただける

ように、一つ一つのお仕事を通して貢献したいと思って

います。


今日もこれから散歩に行ってきます!


最新記事

すべて表示

昨日、劇団四季の「アナと雪の女王」を観てきました。 とてもステキで、2回泣いちゃいました。 実は母が1年半ほど前に姉の誕生日プレゼントとしてこのチケットを 購入してくれていたのですが、コロナの影響で公演が先送りになり、 昨日やっと観ることができました。 (私はおまけで行かせてもらいました^^ 母に感謝。) 母には昔からクラシックのコンサートに連れて行ってもらったり、 音楽番組の観覧に連れていって

先日人間ドッグを受けたところ、少し貧血気味と結果が出ました。 実は昨年も同様の結果で、 「食生活に気をつけているのにどうしてかな?」と思い、 食べ合わせや飲み合わせで「これが原因かしら」と思うものを Google先生で検索してみたところ、 '食事中のカフェインは鉄分の摂取を妨げやすい' ということがわかりました。 紅茶やほうじ茶が好きで結構飲んでたのでそのせいですね。 やっぱり組み合わせか‥‥とい

先日、家族で小学校2年生の姪のひな祭り会をしました。 ちびっ子さんは、まだ時々日本語の使い方がユニークで、 「二の腕」→「みのうで」 「上手」 →「お手前」 例文)「私はお手前だから。」 と言います。 以前は、 「電子レンジ」→「天使レンジ」でした。 可愛いので、正しい言葉を教えないように頑張る私と姉。