現代と江戸時代

更新日:2月26日

散歩をしていると、


「このあたり一帯は雰囲気が良くて、ここから先は

雰囲気が少し変わるな」と感じることがあります。


そこで、江戸時代と現代の対比アプリで、昔何があった

場所なのか調べてみると、ピンポイントで私が雰囲気が

良いと感じるエリアや好きな街・物件には、かつて

大名屋敷など地位がある方のお住まいがありました。


今は、何も知らない方が面白いので、家に戻ってから

散歩で感じた雰囲気との答え合わせをするように。


なんだか不思議です。


場や土地が持つ「気」「波動」なのだと思いますが、

昔の人が家を建てる前にそれを調べていて、気が良い

場所だからそこにお屋敷を建てているのか、それとも

大名屋敷があった場所だから気が良いのか。

答えがわかる方がいらしたらお伺いしたいです!



家とは違いますが、会社にも「雰囲気」はあり、初めて

その会社にお邪魔した時に感じる空気感みたいなものは

会社によって違います。


人事顧問はいつも論理的に行っていてスピリチュアルな

支援はしていませんが、お客様と一緒に論理でつくって

いった組織の状態は、未来にその会社に訪れる誰かに

とっての第一印象(=雰囲気)になるのかもしれません。


その方に、「良さそうな会社だ!」と感じていただける

ように、一つ一つのお仕事を通して貢献したいと思って

います。


今日もこれから散歩に行ってきます!


最新記事

すべて表示

昨日は、小学校3年生の姪の学習発表会に行って きました。 学習発表会は、歌と劇を足して2で割った感じの、 学芸会に似た行事です。 私たちはみんなで最初パイプ椅子に座っていたのですが、 パイプ椅子の前にある、床にシートが敷いてある形式の 直座り席の方が見やすそう、ということで移動。 姪は、パイプ椅子にいる時にも直座りしている時にも 私たちがいる位置をすぐに見つけて、こちらに向けて たくさん手を振って

木10ドラマ「silent #3」。 録画したものをランチタイムに見てしまうと、泣いて後が 大変なことに気づき、最近はちゃんと仕事が終わった後 観ることに。 (ネタバレになってしまうので、観ていた方だけ読み進めて ください↓) 湊斗の気持ちが知りたかったので、湊斗フォーカスの第3話、 こちらも、「そっかぁ…」と最後にまた涙でした。 後ろから想に話しかけるシーン。 昔は聞こえてたん

今、「開脚時お腹床ぺったん」を目指して毎日ストレッチを しているんですが、あと3ヶ月くらいしたら、お腹ぺったんの 前にY字バランスができるようになるかも… 昨日、どのくらい柔らかくなったかしらと思ってふとY字に チャレンジしてみたら、明らかにカラダが柔らかくなって いました。 わお(^ν^)✨ この他に、お腹に縦11のラインを入れたくて下腹部トレーニングも しています。 こちらもそこそこ良い感じで