熱心な薬剤師さんから教わった頭痛対策



先日薬局で頭痛薬を買った時のこと。


私は頭痛が出ると結構痛みが強いので、第一類の頭痛薬じゃないと

効きません。



2箱購入しようとしている私に、薬剤師さんが頭痛が起きた時の

対処法を教えてくれました。



「両手を上に上げて、10回くらい深呼吸をしながら、手を

グーパーグーパ―すると、痛みが和らぐからね。

あっ、会社だとやりにくいだろうけどさ!!」と。



薬剤師さん:「低気圧の日も頭は痛くなる?」


私: 「はい。お天気頭痛もありますね。」


薬剤師さん:「10/27はどうだった?」


私: 「うーん、忘れちゃいました~。」

(※この記事は11月上旬に書いています。)


薬剤師さん:「10/27はこの薬売れたんだよ。」



スマホを開いて「頭痛ール」というアプリを教えてくれる。

https://zutool.jp/


「気圧から、頭痛予想ができるんだ。」と熱弁!

ほうほうほうっ



「天気に連動した頭痛の場合には、事前に頭が痛くなる日が

予想できるから、痛くなってから飲むんじゃなくて、事前に

予想して痛くなる前に飲む方が効果的だよ!」とのこと。



ネットで調べたら、私が好きなお茶などのカフェインやチョコも

良くないと書いてあったので、食生活も気をつけなきゃです。


ただレジをしてくれるだけよりも親身で嬉しかったな。



#伊藤亜里沙 #Capire

最新記事

すべて表示

リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力

目指すところ

パラビで久しぶりに「グランメゾン東京」を視聴。 (裏ドラマ「グラグラメゾン東京」もおすすめです!) 料理や接客の細かいところまでこだわっていて、一つ一つに意味があり、 みんなで素晴らしいお店を作り上げていく過程が好きで、TVで放送 されていた頃は次の週までに同じものを2回くらい見てました。 私が19歳の頃からお世話になっている美容師さんもグランメゾン東京が 好きで、ドラマの話で盛り上がり。 お話の

インプット

最近ちょこちょこ聴くようになったラジオ。 才能分業明細書®を作る時に聴くことが増えました。 適度に音の刺激があったほうが目の前の仕事に集中できるので、 音楽を聴いたりラジオを聴いたりしながらやることがあるのですが、 職業柄、人にお会いしてお話を伺う機会が多いので、仕事の技術力 アップにも良いな!と思っています。 リスナーさんからの質問への回答や出演者のコメントへの切り返しに 柔軟性と受容性がもの