気持ちの揺らぎ「仕事を続けるか、辞めるか」

更新日:2018年12月4日



才能分業明細書を受けてくださる方から、仕事を辞めるタイミングについての

ご質問をよくいただきます。


最終的にはご自身で決断されるのが一番なので、私からは断定的な答えを

お伝えすることはありません。


そして、色んなケースがあるので、今回は「辞めたくなったときの気持ちの波」

との向き合い方ついてだけ書いてみようと思います。


ちなみに、私はあまり波を経験することなく、自分に合った仕事を見つけるべく

どんどん転職してしまったので、私の過去の経験は参考にならないです。笑

ごめんなさい。



なので、転職活動の際に内定した会社の最終面接でいただいたお言葉を

ご紹介させていただきます。


-------------------------------------------------------------------------------


「これまではたくさん転職をされましたよね。

そして、今後もまた『仕事辞めたいな』って思う瞬間がきっとやってくると

思うんです。

でも、これからはその波を何度も乗り越えて、続けてみてください。」


-------------------------------------------------------------------------------


すごく印象に残りました。


個人的には、無理しすぎることはないと思うので、気持ちの強弱を感じつつ、

それらを何度乗り越えても次のステージに行きたいときには、より良い仕事が

あったら移るのもアリで、要はバランスかなって思います。



#自分らしく働く #適職診断 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない

林先生の初耳学を見ていたら、憧れの職業の話が出ていました。 フリーアナウンサーの方が優秀なマーケターの方に相談を されていて、「憧れは報道キャスターで、実際局アナ時代に 評価されたり楽しめたりしたのはバラエティーでの キャスタ―の仕事だが、どっち路線で行けば良いのか、 それとも他の路線を模索したほうが良いのか」というご質問が 出ていました。 その方は、憧れの職業と自分の特徴が一致しないタイプ でし