気持ちの揺らぎ「仕事を続けるか、辞めるか」

更新日:2018年12月4日



才能分業明細書を受けてくださる方から、仕事を辞めるタイミングについての

ご質問をよくいただきます。


最終的にはご自身で決断されるのが一番なので、私からは断定的な答えを

お伝えすることはありません。


そして、色んなケースがあるので、今回は「辞めたくなったときの気持ちの波」

との向き合い方ついてだけ書いてみようと思います。


ちなみに、私はあまり波を経験することなく、自分に合った仕事を見つけるべく

どんどん転職してしまったので、私の過去の経験は参考にならないです。笑

ごめんなさい。



なので、転職活動の際に内定した会社の最終面接でいただいたお言葉を

ご紹介させていただきます。


-------------------------------------------------------------------------------


「これまではたくさん転職をされましたよね。

そして、今後もまた『仕事辞めたいな』って思う瞬間がきっとやってくると

思うんです。

でも、これからはその波を何度も乗り越えて、続けてみてください。」


-------------------------------------------------------------------------------


すごく印象に残りました。


個人的には、無理しすぎることはないと思うので、気持ちの強弱を感じつつ、

それらを何度乗り越えても次のステージに行きたいときには、より良い仕事が

あったら移るのもアリで、要はバランスかなって思います。



#自分らしく働く #適職診断 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

私は、ふとした時に急にアイディアが降ってくるので、思いついた時に ノートにそれらをバーッと書いておくようにしています。 できるだけジャンルごとに。 着想ノートは罫線なしの方がより自由に発想できる気がするので、 いわゆる子供の自由帳みたいな白い紙が好きです。 着想ノートの各ページに書いた内容を頭の中にPDFスキャンみたいに 記憶しておくと、忘れにくくて頭も整理されていくので、おススメです。 TVを見

社会人になってから、心理学系を中心に興味があるものを色々と 勉強していたのですが、起業する前の試験運転時代に、友達に 心理学のツールを使った対話をさせてもらったところ、 「シナプスみたいだね」 「感覚的に相手の本質や本心を見抜いているよね」と言われることが 何度かありました。 それってみんなできることなんじゃないのかな、と思ったのですが、 どうやらそんなことはないらしく、私は相手の人が気の赴くま

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ