気づかなかった得意分野



社会人になってから、心理学系を中心に興味があるものを色々と

勉強していたのですが、起業する前の試験運転時代に、友達に

心理学のツールを使った対話をさせてもらったところ、 「シナプスみたいだね」

「感覚的に相手の本質や本心を見抜いているよね」と言われることが 何度かありました。


それってみんなできることなんじゃないのかな、と思ったのですが、 どうやらそんなことはないらしく、私は相手の人が気の赴くままに バラバラと話してくれた事柄や情報を結び付けて、 「つまりこういうことかな?」と質問することで、気持ちや状況を 高速で整理するのだ、と。


お客様と対話をしたり、面談をしたりする今の仕事にすごく活きて います。



でも、これが得意だと知ることができたのはたまたま外の世界に

触れていたからで、学校のことや会社のことだけを一生懸命やっていく

日々を過ごしていたら、きっと気づくことはできなかったと思います。

自分のこれからにしっかり向き合っていきたいという方、

才能診断を通してみなさんの本気をサポートしていますので、 良かったらご予約下さい。 才能診断「才能分業明細書」: https://www.capire.jp/

最新記事

すべて表示

私は、ふとした時に急にアイディアが降ってくるので、思いついた時に ノートにそれらをバーッと書いておくようにしています。 できるだけジャンルごとに。 着想ノートは罫線なしの方がより自由に発想できる気がするので、 いわゆる子供の自由帳みたいな白い紙が好きです。 着想ノートの各ページに書いた内容を頭の中にPDFスキャンみたいに 記憶しておくと、忘れにくくて頭も整理されていくので、おススメです。 TVを見

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力