歴史の勉強②

更新日:5月20日


以前「歴史の勉強」という記事を書きましたが、

歴史を学んだら面白いかもよ、と教えて下さった

この役員さんとは、お仕事の時はご挨拶程度の関係性でした。


私と仕事をご一緒されていた他の方々から話を聞き、

「話してみたい」と思ってくださったそうで、

「契約満了日に社長と3人で飲みに行こう」と誘ってくださって、

色んな話をしました。


帰りにスイーツまで持たせてくださって、

「半年に1回くらいは情報交換飲みしようね!」と

連絡先を交換。


いつも「自分が関わる前よりも必ず良い状態にしてから去るぞ」と

思って仕事に取り組むので、嬉しかったです。



そして、次にお会いするときまでに、もう少し歴史のお勉強が

進んでいると良いので、自分で本を買おうかと、合いそうな本を

選んでいます。

最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

選手の本質的な特性を割り出し、効果的な向き合い方について ディスカッションをさせていただく才能診断「選手の本質明細書」。 このサービスは、大好きなフィギュアスケーターがきっかけで 生まれました。 --- フィギュアの選手は、自身が目指すものを実現するために、 コーチを変えることがあります。 私が好きだったスケーターもそのうちの一人でした。 私はその方と知り合いではなく、あくまでもTVや会場で拝見す

私は「カラーセラピスト」という対話の資格を持っています。 カラーセラピーは、色に反映された本音を割り出す、心理学や 脳科学分野の対話です。 色を使うことで潜在意識にアクセスできるので、ただ会話を するよりも早く的確に自身を捉えることができます。 どうやって対話するのかというと、 まず、お客様に直感で複数の色を選んでもらいます。 その後に、そのカラーにまつわるキーワードも直感で複数選んで いただき、