本質そっくりさん

最終更新: 2018年12月4日



私の内側の本質(=生まれつき持っている、性格の種のような部分です)の 大部分は、体操選手の白井健三くんと同じです。

だからなのか、彼の発言はいつもすっと私の心に入ってきますし、

なんか人柄に惹かれます。

この本質の人は、自分らしさを大切にする、フランス人みたいな性質を

持っていて、人と同じでいることが苦手で、良くも悪くもマイペース。

そして、人と戦うことにあまり興味がありません。

常に「ライバルは己のみ」という特徴があります。


なので、何事も連帯責任になる団体競技よりも、自己責任になる個人競技

向き。

団体競技だとどこまでが自分のせい(orお手柄)なのかが見えにくいので

モチベーションが維持しにくいです。



この白井くん、先日「おしゃれイズム」にゲストで出演されていたのですが、

「人と争うことや勝ち負けに本来あんまり興味がないので、団体競技

じゃなくて良かったです」とおっしゃっていました。


TVの前で「わかるー!!」と私。

そして、「争うよりも譲るタイプ」とのことで、試合のバチバチした雰囲気は 苦手らしい。


またまたTVの前で「わかるーーー!!」と私。


本質ってとっても興味深く、好きなスポーツ選手の本質を調べると、

大抵自分と一緒だったりします。

ちなみに、内村航平くんと浅田真央ちゃんも内側の本質だけ同じです。 二人とも大好きな人たち。

考えかたや決断の傾向が同じだと共感しやすいんです。



#本質 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

適職はなぜ見つけにくいのか?

「自分らしく働きたい」 そう考える人は多いです。 でも、具体的にどんな働き方かと問われると、明確には答えにくいもの。 なぜ、適職は見つけるのが難しいのでしょうか。 そこにはこんな理由がありました。 「現在の自分」は、 「本来の自分」 と「後天的に形成した自分」でできています。 「本来の自分」は、自身の性格の種のようなもので、生まれつきそういう特徴を 持っていて、一生変わらないと言われています。 逆

チームで働く?一人で働く?

独立や転職の際に、見落としがちだけれど実は予め考慮しておいたほうが 良いのが、「人と一緒に働きたいか、一人で働きたいか」。 面接でもよく聞かれる質問です。 本質的には、人と関わって一緒に泣いたり笑ったりと苦楽を共にすることに 喜びを覚え、その方がパフォーマンスが上がるチームプレータイプの人と、 自己責任・自己管理で一人で働く方が楽しく、パフォーマンスが上がる 個人プレータイプの人がいます。 チーム

男性の得意分野と女性の得意分野

私がこれまでの人生で一番謎の体調不良を抱えやすかったのは、 自分探しをしていた時期と、独立の準備を始めた頃でした。 逆に今は仕事の仕方に「このへん」ていう着地点を見つけているので、 体調を崩すことはありません。 体調をよく崩していた時期に、私の体メンテナンスの専門家がこんなことを 教えて下さいました。 「何かを生み出したり広めたりするのって、男性性のエネルギーなんですよ。 逆に、女性はそれを維持し