それ、素敵な得意分野です


「自分らしく働く」っていうと、なんだか個性的な、エッジの効いた

働きかたをぱっとイメージする方が多いかもしれません。


でも、


・その場その場で感じの良い対応をすることができる。

・相手のことを優先し、自分の気持ちを後回しにしてでも、誰かや何かに

 合わせることができる。


これらが自然にできる人がいたら、それはその人の個性で、得意分野です。



会社で働いていると、会社に合わせたり、一緒に働く人に合わせたりする

機会が本当にたくさんあります。


世の中が起業家だらけになってしまったら回りません。



これまでは、学校教育が、与えられた環境、決まりがある状況下で力を発揮

できる人を育成するようなカリキュラムになっていましたし、企業側もそれを

望むことが多かったように思いますが、


ここ数年で、「そういう従来の生き方も、自分で何かを思い描いてそれを実現

しようとする生き方も、どっちも良いじゃん。その人が望むなら。」って

雰囲気になりました。


「それぞれの得意分野で世の中の仕事を分業しましょう」というのが、

私が考える才能分業™。


生き方を選べる時代からこそ、各々のフィールドで満たされて過ごす人が

増えていったらいいなって思います。




#適職  #適職診断 #自分らしく働く #適材適所 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

2018年度の近畿大学卒業式でのスピーチ。 好きな考え方・感性で、自分の人生を振り返ってみても、 ああ、わかるな…と思いました。 近畿大学のYouTubeより: https://youtu.be/dJT_L6d_fU8 --- 最近、これからの世の中を考えたビジネス構想を持っている方との 出会いが増えています。 子供や下の世代に向けてこういうことを伝えられる大人が増えていくと 良いですよね✨

昨日は、交流の場で人事制度設計を担当させていただき今は伴走 フェーズに移っている顧問先の経営者の方とお会いする機会があり、 少しお話をしていたら、 「制度設計をしたことで中が整って、人を採用した後のパフォーマンスを 判断する指標が出来たので、安心して採用のアクセルを踏むことが できるようになりましたよ。」 と言ってくださいました。 嬉しかったです✨

最近、自分で勝手に仕事を作り出しては忙しくなる日々で、 アポの後、自分の作業にやっと手をつけることができるのが 夜になってしまっていました。 面接官の仕事が一日4~5件あっても疲れない&その後に やることはそれほど多くないのですが、経営者の方との会話が 一日4~5件だと、思考が動いたりやりたいことが出てきたり してしまうので、 これはアポの入れすぎね! と思い、今週から予定入れのペースを落とすこと