それ、素敵な得意分野です


「自分らしく働く」っていうと、なんだか個性的な、エッジの効いた

働きかたをぱっとイメージする方が多いかもしれません。


でも、


・その場その場で感じの良い対応をすることができる。

・相手のことを優先し、自分の気持ちを後回しにしてでも、誰かや何かに

 合わせることができる。


これらが自然にできる人がいたら、それはその人の個性で、得意分野です。



会社で働いていると、会社に合わせたり、一緒に働く人に合わせたりする

機会が本当にたくさんあります。


世の中が起業家だらけになってしまったら回りません。



これまでは、学校教育が、与えられた環境、決まりがある状況下で力を発揮

できる人を育成するようなカリキュラムになっていましたし、企業側もそれを

望むことが多かったように思いますが、


ここ数年で、「そういう従来の生き方も、自分で何かを思い描いてそれを実現

しようとする生き方も、どっちも良いじゃん。その人が望むなら。」って

雰囲気になりました。


「それぞれの得意分野で世の中の仕事を分業しましょう」というのが、

私が考える才能分業™。


生き方を選べる時代からこそ、各々のフィールドで満たされて過ごす人が

増えていったらいいなって思います。




#適職  #適職診断 #自分らしく働く #適材適所 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

選手の本質的な特性を割り出し、効果的な向き合い方について ディスカッションをさせていただく才能診断「選手の本質明細書」。 このサービスは、大好きなフィギュアスケーターがきっかけで 生まれました。 --- フィギュアの選手は、自身が目指すものを実現するために、 コーチを変えることがあります。 私が好きだったスケーターもそのうちの一人でした。 私はその方と知り合いではなく、あくまでもTVや会場で拝見す

私は「カラーセラピスト」という対話の資格を持っています。 カラーセラピーは、色に反映された本音を割り出す、心理学や 脳科学分野の対話です。 色を使うことで潜在意識にアクセスできるので、ただ会話を するよりも早く的確に自身を捉えることができます。 どうやって対話するのかというと、 まず、お客様に直感で複数の色を選んでもらいます。 その後に、そのカラーにまつわるキーワードも直感で複数選んで いただき、