それ、素敵な得意分野です


「自分らしく働く」っていうと、なんだか個性的な、エッジの効いた

働きかたをぱっとイメージする方が多いかもしれません。


でも、


・その場その場で感じの良い対応をすることができる。

・相手のことを優先し、自分の気持ちを後回しにしてでも、誰かや何かに

 合わせることができる。


これらが自然にできる人がいたら、それはその人の個性で、得意分野です。



会社で働いていると、会社に合わせたり、一緒に働く人に合わせたりする

機会が本当にたくさんあります。


世の中が起業家だらけになってしまったら回りません。



これまでは、学校教育が、与えられた環境、決まりがある状況下で力を発揮

できる人を育成するようなカリキュラムになっていましたし、企業側もそれを

望むことが多かったように思いますが、


ここ数年で、「そういう従来の生き方も、自分で何かを思い描いてそれを実現

しようとする生き方も、どっちも良いじゃん。その人が望むなら。」って

雰囲気になりました。


「それぞれの得意分野で世の中の仕事を分業しましょう」というのが、

私が考える才能分業™。


生き方を選べる時代からこそ、各々のフィールドで満たされて過ごす人が

増えていったらいいなって思います。




#適職  #適職診断 #自分らしく働く #適材適所 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

「事業はpassionとpainから生まれる」説は本当だと思う

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ

新サービス「選手の本質明細書」提供開始のお知らせ

人生をかけて本気で頑張っている人を応援したくて始めたビジネス向けの才能診断 「才能分業明細書」は、社員想いの経営層を中心にご利用いただいていますが、 そのスポーツバージョン、「選手の本質明細書」の提供も開始しました。 もともと、私が仕事面で迷ったり悩んだりしたときにヒントを得るのがスポーツ 選手の考え方や生き方で、TVで密着ドキュメンタリーを見たり、エッセイを読んだり、 試合を見たりすることでいつ

事業を増やした理由

役職者専門1on1や部下との向き合い方研修など、昨年から少しずつ、 今までに提供していなかった事業が増えました。 事業を少し増やした理由は、自分の知見をぎゅっと詰めて提供できたら、 会社ってもっと良くなるんだろうな、と思う機会が多かったからです。 例えば下着メーカーで販売員やエリアマネージャーをしていたとき、 私は様々な大型スーパーの在庫管理の方法や、バックヤードに貼られて いるお知らせを目に