書類の見方

更新日:5月26日

仕事の書類を見る時、私は最初は俯瞰で読みます。


俯瞰で見ていると、そのプロジェクトがうまくいくかどうかや

課題がどこにあるのかが見えてくることが多いです。


コンサルや顧問として企業の書類を見る時もこの方法で

全容を捉えていますが、これは採用の場面でも活かせて、

候補者さんの書類を見る時は、初めの5秒くらいは俯瞰で

見ていただくのがオススメです!


見たほうが良いポイントが決まっているので、ここで合否の

「否」が決まる候補者さんも。


最新の5秒の確認分が問題なければ、次に詳細を見ていきます。


具体的に何をしているのかは、顧問をさせていだだく際に

お伝えしています☺︎



ただし結構集中力を使うので、脳をリセットするために、

晴れている日は散歩に出かけるのがお気に入り。


昨日はお昼時だったのでランチもしました。


座った席が、通りに面したところに窓があるカウンター

だったのですが、偶然目の前をシンガーソングライターの

方が通って目が合い、なぜか会釈をしてくださいました。


私が会釈した方が良かったのですけれど、してくれた^ ^

(知り合いではありません)


しれっと視線を他に移すより感じが良いから習慣化されて

いるのかも。


1週間くらい、音楽に関する考え事と検索をしていたので、

シンクロしたみたいです。


文京区のここで?と思う場所でお見かけするとは。


最近シンクロが多くて不思議だな⭐︎





最新記事

すべて表示

先日、経営者と人事のコミュニティ「人事の部屋」で、 ヘッドハンティング経由で転職された方のお話を対談形式で お届けしました。 その後は参加者同士でディスカッション。 ヘッドハンティングからの派生でリファーラル採用の話、 リファレンスチェックの話、そもそもの採用スタンスの話、 重要ポストの採用法、どんな時に人が辞めるかなど、色々 話しました。 ヘッドハンティングの実態がわからないという会社も多いと

2018年度の近畿大学卒業式でのスピーチ。 好きな考え方・感性で、自分の人生を振り返ってみても、 ああ、わかるな…と思いました。 近畿大学のYouTubeより: https://youtu.be/dJT_L6d_fU8 --- 最近、これからの世の中を考えたビジネス構想を持っている方との 出会いが増えています。 子供や下の世代に向けてこういうことを伝えられる大人が増えていくと 良いですよね✨

昨日は、交流の場で人事制度設計を担当させていただき今は伴走 フェーズに移っている顧問先の経営者の方とお会いする機会があり、 少しお話をしていたら、 「制度設計をしたことで中が整って、人を採用した後のパフォーマンスを 判断する指標が出来たので、安心して採用のアクセルを踏むことが できるようになりましたよ。」 と言ってくださいました。 嬉しかったです✨