書類の見方

更新日:5月26日

仕事の書類を見る時、私は最初は俯瞰で読みます。


俯瞰で見ていると、そのプロジェクトがうまくいくかどうかや

課題がどこにあるのかが見えてくることが多いです。


コンサルや顧問として企業の書類を見る時もこの方法で

全容を捉えていますが、これは採用の場面でも活かせて、

候補者さんの書類を見る時は、初めの5秒くらいは俯瞰で

見ていただくのがオススメです!


見たほうが良いポイントが決まっているので、ここで合否の

「否」が決まる候補者さんも。


最新の5秒の確認分が問題なければ、次に詳細を見ていきます。


具体的に何をしているのかは、顧問をさせていだだく際に

お伝えしています☺︎



ただし結構集中力を使うので、脳をリセットするために、

晴れている日は散歩に出かけるのがお気に入り。


昨日はお昼時だったのでランチもしました。


座った席が、通りに面したところに窓があるカウンター

だったのですが、偶然目の前をシンガーソングライターの

方が通って目が合い、なぜか会釈をしてくださいました。


私が会釈した方が良かったのですけれど、してくれた^ ^

(知り合いではありません)


しれっと視線を他に移すより感じが良いから習慣化されて

いるのかも。


1週間くらい、音楽に関する考え事と検索をしていたので、

シンクロしたみたいです。


文京区のここで?と思う場所でお見かけするとは。


最近シンクロが多くて不思議だな⭐︎





最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない

林先生の初耳学を見ていたら、憧れの職業の話が出ていました。 フリーアナウンサーの方が優秀なマーケターの方に相談を されていて、「憧れは報道キャスターで、実際局アナ時代に 評価されたり楽しめたりしたのはバラエティーでの キャスタ―の仕事だが、どっち路線で行けば良いのか、 それとも他の路線を模索したほうが良いのか」というご質問が 出ていました。 その方は、憧れの職業と自分の特徴が一致しないタイプ でし