恩返しが無理なら


今、ピアノの音にハマっていて、Youtubeで検索しては

色んな曲を聴いています。


子供の頃、私と姉は、棚の前に椅子を置いて座り、本を

楽譜のような場所に立てて、ピアノを弾く真似をして

遊んでいたそうです。


私も少しだけ覚えています。



それで、母が私たちをピアノ教室に入れてくれました。



私は好きな曲と嫌いな曲とで仕上がりにとてもムラがあり、

コツコツと反復練習することも苦手だったので、決して

上手とは言い難いのですが、音楽が好きで10年間習わせて

もらいました。



習い事はこれだけではなく、学業がうまく回るようにする

ために先行して入れてくれたものと、得意を伸ばすための

芸術系(?)のものがあり、多い時で週5日が習い事Day。



これやりたいのかな?


これやると良いかな?



というのは、私のことを母が見てくれていないとなかなか

気づけないことで、働きながら特段押し付ける様子もなく

さらさらっとその道に導いてくれていたこと、感謝の気持ちで

いっぱいです。



大きくなってからは、姉と色々相談しては母に贈り物をして

みたり、何かをしようとしてみたりするのですが、いつも

恩返しとして何かをしてもその数十倍もの良いものを返して

くれてしまうので、親に恩返しをする、もらったもの以上の

ものを返すというのは、私の母にはできないのかもしれない、

と感じることが多いです。



だったら、


「恩返し」じゃなくて、返すお相手が違う「恩送り」なら

できるかも。


そう思うように。



そして、


恩があってもなくても、自分のハートを送っていきたい人が

いたら、送れば良い。


そうも思うように。


それは、仕事でもプライベートでも。



そうしたら、自分が生きる意味もあるかな。


なんて考えたりします。




ピアノの音を聴いていると、心の中に音色が入ってきて、

原点回帰する。



最初にピアノを考えた人は、天才かもしれない。

最新記事

すべて表示

ドラマsilent 第8話の感想です。 紬のお母さん最高!! 「じゃあねぇ、お母さん別に関係ないもん」最高! プリン誘うタイミングも最高♡ 母親の勘みたいなものってありますよね。 私の母も、別に何も言っていないのに、いつもと私の雰囲気が 少し違うと、なぜか気づくことがあって、びっくりします。 そして、リビングでTVを見ていて私に背中を向けていても、 ダイニングで私が何か間食していると、 「○○食べ

2018年度の近畿大学卒業式でのスピーチ。 好きな考え方・感性で、自分の人生を振り返ってみても、 ああ、わかるな…と思いました。 近畿大学のYouTubeより: https://youtu.be/dJT_L6d_fU8 --- 最近、これからの世の中を考えたビジネス構想を持っている方との 出会いが増えています。 子供や下の世代に向けてこういうことを伝えられる大人が増えていくと 良いですよね✨

今週の金曜日に放送された「この歌詞が刺さったグッとフレーズ」 という番組を録画で見ていました。 心に染みたり、歌詞の意味を知って涙が出たりと心が大忙し。 例えば、一青窈さんの「ハナミズキ」という歌。 当時は歌詞を聞いてもどういうシチュエーションを歌っているのか わからず、自分の人生の中に経験がない出来事を歌っているような 気がしていました。 この曲は、9.11で母が息子を先に行かせるシチュエーショ