top of page

恩返しが無理なら


今、ピアノの音にハマっていて、Youtubeで検索しては

色んな曲を聴いています。


子供の頃、私と姉は、棚の前に椅子を置いて座り、本を

楽譜のような場所に立てて、ピアノを弾く真似をして

遊んでいたそうです。


私も少しだけ覚えています。



それで、母が私たちをピアノ教室に入れてくれました。



私は好きな曲と嫌いな曲とで仕上がりにとてもムラがあり、

コツコツと反復練習することも苦手だったので、決して

上手とは言い難いのですが、音楽が好きで10年間習わせて

もらいました。



習い事はこれだけではなく、学業がうまく回るようにする

ために先行して入れてくれたものと、得意を伸ばすための

芸術系(?)のものがあり、多い時で週5日が習い事Day。



これやりたいのかな?


これやると良いかな?



というのは、私のことを母が見てくれていないとなかなか

気づけないことで、働きながら特段押し付ける様子もなく

さらさらっとその道に導いてくれていたこと、感謝の気持ちで

いっぱいです。



大きくなってからは、姉と色々相談しては母に贈り物をして

みたり、何かをしようとしてみたりするのですが、いつも

恩返しとして何かをしてもその数十倍もの良いものを返して

くれてしまうので、親に恩返しをする、もらったもの以上の

ものを返すというのは、私の母にはできないのかもしれない、

と感じることが多いです。



だったら、


「恩返し」じゃなくて、返すお相手が違う「恩送り」なら

できるかも。


そう思うように。



そして、


恩があってもなくても、自分のハートを送っていきたい人が

いたら、送れば良い。


そうも思うように。


それは、仕事でもプライベートでも。



そうしたら、自分が生きる意味もあるかな。


なんて考えたりします。




ピアノの音を聴いていると、心の中に音色が入ってきて、

原点回帰する。



最初にピアノを考えた人は、天才かもしれない。

最新記事

すべて表示

姪の運動会に行ってきました

今日は姪の小学校の運動会でした。 私の母も来ていたんですが、会ったら、 「心を込めて作ったの🌸」とびわのジャムとびわゼリーを 手渡してくれました。 母は毎年この時期は趣味に大忙しなので、時間を作って料理を してきてくれたことが嬉しい。 果肉たっぷりですごくおいしかったです! 幸せなおやつ。 運動会では、全学年の大玉送りがあったんですが、ずっと音楽が かかっていたので、「C'mon baby,

Snow Manさんの選曲が嬉しかった話からの人事スタンスの話

昨日までやっていたSTARTO ENTERTAINMENT社のライブ、 ' WE ARE!' 私は有料配信を視聴していました。 「Snow Manさん何歌うんだろ~」 「あの曲歌ってくれたら嬉しいな!」 と思いながら。 出番になると、 わちゃわちゃ絡み合って楽しそうに踊る姿が好きな楽曲と、 笑顔でいっぱいのさわやかな楽曲と、 ぜひ歌ってほしかったバチバチにかっこいい楽曲を歌っていて、 「来た!!

好きなことの深掘り & 先入観を持たずに向き合うということ

私はフィギュアスケートを見るのが昔から好きで、競技経験はないの ですが、見ていたら6種類のジャンプがある程度見分けられるように なりました。 ある時、 「ただぼーっと見ているのもなんだな」 と思い立って、各ジャンプの特徴と難易度を簡単に調べてから試合を 見るようにしてみたら、解説なしでも結構わかるようになって、 出来栄え点が予測できたり、回転不足の場合には何分の1回転が 足りないのか見えるように。

Comments


bottom of page