top of page

大事な人を大事にするためのしくみ



最近増えてきている、柔軟な働き方ができる会社。

この動きが今後ますます加速しそうで嬉しいです。

私は姉ファミリーと月に数回会っているのですが、姉夫婦は二人とも

娘が大好き。


旦那さんはできるだけ残業をせずに、出先からよく直帰。

ママっ子のちびが一緒にお風呂に入ってくれると喜ぶ喜ぶ。


姉も玄関先で娘に会うといつも嬉しそうに抱きしめています。



人によりますが、子供と一緒にいたいのって、母親だけじゃなくて

父親もですよね。


そして、叔母の私も自分の休みをコントロールできるので、最低月1回は

姪の保育園のお迎えに。


私の両親が週1回くらいのペースでお迎えに行っているので、私は大して

役に立ててはいませんが、叔母がお迎えに来る家庭はほとんどなく、

結構珍しがられます。



「姪(甥)が熱を出したので、この後の時間は在宅ワークしまーす」


なんてこともできる会社が増えていったら、フリーランスになったり、

独立したり、自由度の高い会社を一生懸命探したりしなくても、みんなが

家族を大事にできる時間をもっと持てるようになるんだろうな、と思います。


10年くらい経ったら、当たり前になっているのかな。

そんな世の中になるといいです。



#Capire #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

企業カルチャーとのミスマッチは応募書類でわかることがあります

講座「採用に失敗しにくい書類選考と面接法」では、書類選考の コツをつかんでいただくためのケーススタディとして、個人情報 部分を黒塗りしてもらい、私に事前情報を何も伝えないでいただき、 受講企業だけが知っている方の応募書類を複数見せていただいて、 私がどんな方なのかをフィードバックしていく時間があります。 その際に 「働き方が御社と合わなそうですね」 とお伝えした書類がありました。 後で話

天使さんの新学期

小学5年生の姪の新学期が始まりました。 委員会の副委員長に立候補して、オーディションみたいなものが あって、なることができたのだそう。 委員長は6年生でないとできないとのこと。 オーディションみたいなものとやらの中身がどんなものなのか 今度会ったら聞いてみたいです! この前一緒にディズニーランドに行った時には、リュックに たくさんのぬいぐるみを詰めてやってきた天使さんにこんな 一面があったとは驚き

Dai Hirai「Symphony」- 歌詞が好きな理由

私は平井大さんの楽曲が好きでよく聴いているんですが、特に、 劇場版「TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜」の主題歌の 「Symphony」が好きです。 '世界は救えなくても 隣にいる一人を 抱き寄せる手ならここにある' という歌詞がすごくいいなと思っています。 政治家ではないので自分にできることは限られているけれど、 周りの人たちに差し伸べる手は誰もが持っていて、仕事でも プライベートでもその手

Comments


bottom of page