大事な人を大事にするためのしくみ

更新日:2018年12月4日



最近増えてきている、柔軟な働き方ができる会社。

この動きが今後ますます加速しそうで嬉しいです。

私は姉ファミリーと月に数回会っているのですが、姉夫婦は二人とも

娘が大好き。


旦那さんはできるだけ残業をせずに、出先からよく直帰。

ママっ子のちびが一緒にお風呂に入ってくれると喜ぶ喜ぶ。


姉も玄関先で娘に会うといつも嬉しそうに抱きしめています。



人によりますが、子供と一緒にいたいのって、母親だけじゃなくて

父親もですよね。


そして、叔母の私も自分の休みをコントロールできるので、最低月1回は

姪の保育園のお迎えに。


私の両親が週1回くらいのペースでお迎えに行っているので、私は大して

役に立ててはいませんが、叔母がお迎えに来る家庭はほとんどなく、

結構珍しがられます。



「姪(甥)が熱を出したので、この後の時間は在宅ワークしまーす」


なんてこともできる会社が増えていったら、フリーランスになったり、

独立したり、自由度の高い会社を一生懸命探したりしなくても、みんなが

家族を大事にできる時間をもっと持てるようになるんだろうな、と思います。


10年くらい経ったら、当たり前になっているのかな。

そんな世の中になるといいです。



#Capire #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

昨日は、交流の場で人事制度設計を担当させていただき今は伴走 フェーズに移っている顧問先の経営者の方とお会いする機会があり、 少しお話をしていたら、 「制度設計をしたことで中が整って、人を採用した後のパフォーマンスを 判断する指標が出来たので、安心して採用のアクセルを踏むことが できるようになりましたよ。」 と言ってくださいました。 嬉しかったです✨

今、ピアノの音にハマっていて、Youtubeで検索しては 色んな曲を聴いています。 子供の頃、私と姉は、棚の前に椅子を置いて座り、本を 楽譜のような場所に立てて、ピアノを弾く真似をして 遊んでいたそうです。 私も少しだけ覚えています。 それで、母が私たちをピアノ教室に入れてくれました。 私は好きな曲と嫌いな曲とで仕上がりにとてもムラがあり、 コツコツと反復練習することも苦手だったので、決して 上手

今日は父の日ですね。 実家に向かおうと自宅から外に出たら、小学生の頃に嗅いだ 家を出る前の時間と同じ外の香りがしました。 そして、実家の最寄駅に着き、歩いていると、また、小学生時代の 通学前の香りがしました。 今日の外の香りは子供の頃の香り。 私たち家族にとっては、今日が一区切りで新しい一歩の日です。 良い一日をお過ごしください☺︎