大事な人を大事にするためのしくみ

最終更新: 2018年12月4日



最近増えてきている、柔軟な働き方ができる会社。

この動きが今後ますます加速しそうで嬉しいです。

私は姉ファミリーと月に数回会っているのですが、姉夫婦は二人とも

娘が大好き。


旦那さんはできるだけ残業をせずに、出先からよく直帰。

ママっ子のちびが一緒にお風呂に入ってくれると喜ぶ喜ぶ。


姉も玄関先で娘に会うといつも嬉しそうに抱きしめています。



人によりますが、子供と一緒にいたいのって、母親だけじゃなくて

父親もですよね。


そして、叔母の私も自分の休みをコントロールできるので、最低月1回は

姪の保育園のお迎えに。


私の両親が週1回くらいのペースでお迎えに行っているので、私は大して

役に立ててはいませんが、叔母がお迎えに来る家庭はほとんどなく、

結構珍しがられます。



「姪(甥)が熱を出したので、この後の時間は在宅ワークしまーす」


なんてこともできる会社が増えていったら、フリーランスになったり、

独立したり、自由度の高い会社を一生懸命探したりしなくても、みんなが

家族を大事にできる時間をもっと持てるようになるんだろうな、と思います。


10年くらい経ったら、当たり前になっているのかな。

そんな世の中になるといいです。



#Capire #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

おもしろかったこと

姪の小学校からの国語の課題: 「4~6がつまでの がくしゅうのなかで おもしろかったことを かきましょう」 姪の答え: 「きゅうしょく」 こういう子好き~!!

ジャニーズのタレントさんを通して学ぶ人材育成

先日、何気なく見つけたNetflixの「RIDE ON TIME」。 これは、ジャニーズ事務所の色んなグループや人にフォーカスしてその舞台裏を追った コンテンツです。 CDデビュー前の人・グループにも密着していますし、既に多くの方々に知られているで あろうグループにも密着しています。 私自身は、とても恐縮なのですが、ジャニーズのタレントさんに詳しくなくて、どの グループに誰が所属しているのかがわ

目指すはこういう感じ

今日の夕方は急に雨が降ったらしく、自転車で子供のお迎えに行った姉は、 5歳のおちびに小さな毛布をかぶせて、自分はずぶ濡れになって帰ってきました。 おちびは普段から姉が人を優先する姿をよく見ているので、自分も家族の役に 立とうとし、台に乗ってキッチンでお料理の手伝いをするおりこうさん。 今、マンガは「GIANT KILLING」を読んでいます。 弱小チームや課題を抱えたチームを強くしていくことに喜