働く意味と生きる意味


昨年お世話になったみなさま、ありがとうございました!


年末にひと段落したお仕事があり、とてもゆったりした気持ちで

新年を迎えています。

昨年の誕生日に自分というリソースをどこに使うか考えていましたが、

今年からは自分が特に意義を感じている事業に特化して、

何かに真剣に取り組んでいる個人・法人・アスリートを対象に、


・人事顧問(採用・育成・制度設計)

・アスリートの才能診断+コンサルティング

・ビジネスの才能診断+コンサルティング


を提供していきます。


プライベート向けの価値観診断「あなたの本質明細書」「家族の本質

明細書」は、このサービスをご存知の方からご希望いただいた場合にのみ

対応させていただくことに決めました。


仕事を通して自分自身や周囲との効果的な向き合い方&努力の方向性を

伝えていくことや、必要に応じてその過程で知見提供させていただくことが、

独立前に10社転職した自分が働く意味や生きる意味なのかな、と思っています。


今年も宜しくお願いします☺︎

最新記事

すべて表示

初めはビジネスの才能診断を作り出して独立しました。 才能診断を通して経営者のお客様に向き合う日々の中で、個人が 活躍するフィールドである企業がさらに良い場所になったら 良いなと思うようになって、高速で複数の会社で企業人事の 経験を積みました。 その知見が溜まったタイミングで、自然に人事顧問のお仕事を いただくように。 でも、一人で顧問をしていても生涯で関われる企業の数は限られて しまいます。 だっ

今年の前半は、体が疲れていたことが理由で少しお仕事をセーブ してきたのですが、その時間は、改めて自分の仕事の仕方や時間の 使い方に向き合う機会になりました。 空白の時間て本当に大事ですね。 この期間で見えてきたのは、 「自分が作り出した仕事や、志を同じくしている人たちと一緒に やる仕事にもっと時間を使っていきたいな」 「何かに本気の人を、全力応援したいな」 という想いでした。 世にある仕事をお引き

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして