修造さん的な接し方

更新日:2018年12月4日



私は松岡修造さんが行うインタビューが好きです。

選手が思わず何でもしゃべっちゃう、あの明るさも。


もともとテニス選手だったからインタビューを受ける選手が安心するのも

あるかもしれませんが、

「この人全力で自分の応援者なんだな、よく研究してくれてるな」って

感じるから、自然に本音を話したくなるんじゃないでしょうか。


私も人に話を聞く仕事なので、いつもついそのままその番組を見ちゃいます。



自分の考えを言葉にするのが得意な人は、普段から物事を深く考えているので、

必要な時に必要なことをすらすらと語ってくれますし、説明もわかりやすいの

ですが、普段から言葉が少ないタイプの人に話を伺い、多くの言葉や笑顔を

引き出すのには、工夫が必要です。


しかも、スポーツ選手へのインタビューの場合、その人に質問をする場は、

試合後である「今」しかない。 「後」でまたその話を聞くチャンスがめぐってくることはほとんどない。

限られた時間で色んな話を引き出せることに、彼のすごさがある。



これを私たちの生活に置き換えてみます。

仕事関係者、パートナー(=夫、妻、彼氏、彼女)、兄弟姉妹、親子、友人。



この中で、兄弟姉妹と親子には「血のつながり」という揺るぎないものが

あって、友人には「距離感を調整できる」という柔軟性がある。


だけど、仕事関係者とパートナーは、もともとの関係性が強固でも柔軟でも

ない中で出会う。


そのわりに関わりがガチである。


でも、その人と今一緒にいるのが自分なら、その人を支え、苦楽を共に

できるのも自分で、それが人と関わって生きる・働くことの醍醐味でも

あります。


だからこそ大切だと思うのです。

一緒にいる人のことや考えを知ろうとすること、わかろうとすることが。

良き応援者でいることが。



修造さんの人への接し方や仕事の仕方には、見習いたいところが多いです。



そして、本質を調べてみたら、なんと、本来は頑張りや根性を求められるのが

苦手な特性をお持ちでした。

しかもかなり繊細。


ということは、後天的に色々なものを身につけたことになる。 裏にある努力がどのくらいあるのか、ものすごく気になります…




#チームビルディング #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

奈々(夏帆さん演じる役)と想の心情にフォーカスした第6話。 明らかにずっと奈々が想を追いかけていて、いつかこんな日が来て しまうのだろうとお互いに心のどこかでわかりながら日々を重ねて きたのでは、と感じました。 同じ考え方・行動を自分がするかどうかはまた別の話として、 奈々の強い想いが伝わってくる。 次の恋では、別の誰かとちゃんと通じ合えると良いね。 そして、好きな人が、自分の望みとは異なる道を選

2018年度の近畿大学卒業式でのスピーチ。 好きな考え方・感性で、自分の人生を振り返ってみても、 ああ、わかるな…と思いました。 近畿大学のYouTubeより: https://youtu.be/dJT_L6d_fU8 --- 最近、これからの世の中を考えたビジネス構想を持っている方との 出会いが増えています。 子供や下の世代に向けてこういうことを伝えられる大人が増えていくと 良いですよね✨

サロンを経営している女友達が、先日人事領域のお仕事をされている 方を紹介してくれました。 私の事業の変遷から現在の活動までをわかりやすくまとめた文章で 紹介してくれて、スクショを撮りたい気持ちに。 繋いでくれた理由も嬉しかったです。 私もステキな他己紹介ができる人を目指します✨ 自分で経営者と人事が集まるコミュニティを運営しているので、 ステキなビジネスをしている企業さんに何かできるのではとも 考