仕事にするならどっち?得意なこと vs 好きなこと



仕事にするのは、自分が「得意なこと(=できること)」が良いのか、

それとも、「好きなこと(=やりたいこと)」が良いのか。


お客様からよくいただく質問なのですが、みなさんはどちらですか?



私はどちらかではなく、

「得意なことで、かつ、好きなこと」をするのが一番だと思います。



…が、ここでポイントが一つありまして、得意なことには、


①得意だし、好きなこと

②得意だけど、好きじゃないこと


があるんです。


私は物事のオペレーションが本質的には得意なので、何かの段取りを

することはぱぱっとできるのですが、決してワクワクしない。

つまり、別に好きじゃないんです。


だからこれだけをし続ける業務だと飽きちゃいます。

得意だけどそんなに好きじゃないことを仕事にしても、続きません。


こういうものって、皆さんの中にもたくさんあると思います。


私は、独立する前、自分の好きなことと得意なことの両方を同時に

探しました。


「得意なこと」の中に「好きなこと、やってみたいこと」が入って

いるか確認して、「よし、入ってる!」という状態で今の事業を

始めたんです。だから、今すごく楽しいです。




#Capire #伊藤亜里沙 #自分らしく働く #仕事を楽しむ

最新記事

すべて表示

気づかなかった得意分野

社会人になってから、心理学系を中心に興味があるものを色々と 勉強していたのですが、起業する前の試験運転時代に、友達に 心理学のツールを使った対話をさせてもらったところ、 「シナプスみたいだね」 「感覚的に相手の本質や本心を見抜いているよね」と言われることが 何度かありました。 それってみんなできることなんじゃないのかな、と思ったのですが、 どうやらそんなことはないらしく、私は相手の人が気の赴くま

「事業はpassionとpainから生まれる」説は本当だと思う

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ

リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力