人生を通して大切にしているもの



ある日、お仕事関係の方に教えていただいて、私が人生において大切に しているものを3つカンタンに割り出してみることに。


結果は、


・家族

・愛情

・楽しむ


でした。


人生観と交差するような働き方ができるとすごく良いので、もっと深く

割り出せたらお客様のお役に立てるかも、と考え、その後、心理学の知識を

使って完全オリジナル版を作り、必要な場合にご提供しています。


企業で使っても効果的なので、ご興味がございましたらご相談ください。



さて、以下が私の割り出し結果詳細です。

心の現在地確認になりました。


【家族】 家族が好きなのは小さい頃から。


思春期や若い頃は、外側に気持ちが向くことも多くありましたが、

転園した保育園で姉が友達にいじめられていた頃は、外遊びの時間を

姉のグループで一緒に過ごし、姉が泣いたら正面玄関に置いてある

箱ティッシュへダッシュ、を繰り返していました。


家族が笑顔で過ごせているかどうかは気になる。



【愛情】

周りの人に対して愛情を持って接したいと思うようになってから、10年

くらい。

おそらく、逆のケースもたくさん見てきたので意識するようになったこと。


愛情には種類がたくさんあって、私がお客様に向ける愛情もありますし、

お客様方が周囲に向ける愛情もあります。


仕事を通して末広がりの愛情のバトンみたいなものを渡していきたいと

考えています。



【楽しむ】

これも日々大切にしていることです。


同じことをするのでも、その場その場を楽しむかどうかで人生は変わるので、

マイナスな方に気持ちを向けずに明るいことを考えて生きる、ということを

大事にしています。


人生一度きりだから。




#適職診断 #人生観 #コアバリュー #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力

目指すところ

パラビで久しぶりに「グランメゾン東京」を視聴。 (裏ドラマ「グラグラメゾン東京」もおすすめです!) 料理や接客の細かいところまでこだわっていて、一つ一つに意味があり、 みんなで素晴らしいお店を作り上げていく過程が好きで、TVで放送 されていた頃は次の週までに同じものを2回くらい見てました。 私が19歳の頃からお世話になっている美容師さんもグランメゾン東京が 好きで、ドラマの話で盛り上がり。 お話の

インプット

最近ちょこちょこ聴くようになったラジオ。 才能分業明細書®を作る時に聴くことが増えました。 適度に音の刺激があったほうが目の前の仕事に集中できるので、 音楽を聴いたりラジオを聴いたりしながらやることがあるのですが、 職業柄、人にお会いしてお話を伺う機会が多いので、仕事の技術力 アップにも良いな!と思っています。 リスナーさんからの質問への回答や出演者のコメントへの切り返しに 柔軟性と受容性がもの