事業を増やした理由

最終更新: 2月3日

役職者専門1on1や部下との向き合い方研修など、昨年から少しずつ、 今までに提供していなかった事業が増えました。 事業を少し増やした理由は、自分の知見をぎゅっと詰めて提供できたら、 会社ってもっと良くなるんだろうな、と思う機会が多かったからです。 例えば下着メーカーで販売員やエリアマネージャーをしていたとき、 私は様々な大型スーパーの在庫管理の方法や、バックヤードに貼られて

いるお知らせを目にしていました。 在籍していた下着メーカーが、大型スーパーや百貨店、専門店など、

様々な小売店舗に自社ブランドを出店していたからです。 職業は販売員でも、バックヤードを見るだけで、業績が上がりそうな

仕組みや風土、逆に業績を落としそうな仕組みや風土はわかるもので、

公開されていた業績や売上ランキングは、いつも納得のいくものでした。



そうしたものは、のちに自分が心理学や組織について学んで得た知識や コンサルティングの仕事をしていく過程で得た知見と混ざり合い、 体験と学びが結びついた状態で、私の頭の中に蓄積されていきました。 でも、私と同じように10社転職したり、独立後に様々な企業の中を 見たりといった働き方は、1社を長く経営されている方や1社あたりの 在籍年数が長い会社員の方が経験できるものではないですし、おススメも しません。時間がかかる上に、職務経歴書も複雑になります。 でも、時間をかけ、職務経歴書を結果的に複雑にし、色々なものを見て、

膨大な数の人に出会い、それぞれの場所で葛藤しながら働いてきた自分

だからこそ伝えられることがあるのではないか思ったので、必要な時に

お役に立てるように、その準備を整えています。 会社をより良いものに、経営者にとってもそこで働く方たちにとっても

楽しくやりがいのある場所にしていくことができるように、と想っています。

最新記事

すべて表示

「事業はpassionとpainから生まれる」説は本当だと思う

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ

新サービス「選手の本質明細書」提供開始のお知らせ

人生をかけて本気で頑張っている人を応援したくて始めたビジネス向けの才能診断 「才能分業明細書」は、社員想いの経営層を中心にご利用いただいていますが、 そのスポーツバージョン、「選手の本質明細書」の提供も開始しました。 もともと、私が仕事面で迷ったり悩んだりしたときにヒントを得るのがスポーツ 選手の考え方や生き方で、TVで密着ドキュメンタリーを見たり、エッセイを読んだり、 試合を見たりすることでいつ

ベストパートナー

読むと泣きそうになる、好きなブログがあります。 以前、市川海老蔵さんのブログを読んでいたときに知った、 モト冬樹さんのブログ記事。 市川海老蔵君へのメッセージ https://ameblo.jp/moto-fuyuki/entry-12286775551.html こういうパートナーって素敵ですよね。 一緒にいると優しい気持ちになれる相手だったんじゃないでしょうか。 離婚が多い世の中、「これからも