top of page

一気見しました


先々週、「ブランド」というドラマをご紹介させていただき

ましたが、私は結局あの後2日間で全話見てしまいました。


見ていた頃は学生だったのに、刺さるポイントが当時と

ほぼ同じで、その生き方、考え方、立ち止まるポイントに

私の魂も「うん、うん」と言っていました。



今井美樹さんの役柄と市川染五郎さんの役柄が、どこか

自分と似ているんだな、と改めて思う。



自分らしさを貫くことや自分に正直に生きることは、

ワガママに生きることとは違い、自分の人生を一生懸命

生きることに繋がるのだと思います。



そして、今、私はそれをサポートすることができる仕事に

就いている。



22年の時を経てまたこのドラマを見て、心に温かな

エネルギーが宿りました。




「ブランド」

最新記事

すべて表示

副業の始め方講座

こちらも事業の1分半説明動画です。 ちょこちょこYouTubeに動画を上げていくので、 チャンネル登録宜しくお願いします^ ^ 副業の始め方講座 https://youtu.be/zEnleONgOkk?si=DOXU6OLykTKAgKCa

日曜劇場 VIVANT 最終話 考察

ドキドキしながら迎えた最終回。 今まで何回かこのブログでもVIVANTのここが気になる、 あれが気になる、と考察してきたものが結構回収されていて、 「ほうほうほう!」と見ていました。 最後ですが、 ここからはネタバレを含みますので録画をこれからご覧に なる方は一旦閉じていただき、録画を見てから読んで ください。 --- さて、気になった部分の考察です。 お父さんが長官の家にやってきた憂助を見て

日曜劇場 VIVANT #7 考察

ラストを見てびっくりしすぎて言葉を失った第7話。 しばしぼんやりしてしまいました。 今私が気になっていることは、 ・竜星涼さん演じる公安の新庄が実は別班なのではないか →切れ者っぽいのに、いつもタイミングよく別班を見失っている →仲間の手助け? ・役所広司さん演じるベキは家族のために何かをしている気がする →ジャミーンのお父様と知り合いのようなので良い人そう TENTのマークが家紋というのも悪いこ

bottom of page