リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

更新日:2020年9月13日

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを

見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを

信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力が問われる時代に入った、ということです。 そうなると、業務遂行スキルのブラッシュアップはもちろん大事ですが、そのほかに 必要なこととしては、業務や関わる相手を点ではなく線で見つめて、「こうかな」 「ああかな」「こう動くと良いかな」と仮説・戦略立てしながら自身の動き方を

調整しつつ物事を前に進めていく姿勢がより求められる気がします。 逆に、周囲の人には「こうかな」「ああかな」「こう動くと良いかな」と気を遣わせ ないように、これから起こりうることを想定して先に手を打っていく誠実な対応を

したいと思います。 そして、オンラインでもオフラインでも、人を幸せにし、照らすのはきっと、明るさ。 一緒にいてもいなくても、人のことって結局全部はわからないものです。 毎日顔を合わせ、一緒に住んでいる相手でもそうですし、友達でもそう。 それが、仕事で関わる人となればなおのこと。 太陽が少なくて、そもそも気持ちが下に向きやすい梅雨の時期ですが、自分の

テンションを上げるツールをいくつか持って、なるべく毎日を晴れやかな気持ちで

過ごせるようにしていきたいと思います!

最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない

林先生の初耳学を見ていたら、憧れの職業の話が出ていました。 フリーアナウンサーの方が優秀なマーケターの方に相談を されていて、「憧れは報道キャスターで、実際局アナ時代に 評価されたり楽しめたりしたのはバラエティーでの キャスタ―の仕事だが、どっち路線で行けば良いのか、 それとも他の路線を模索したほうが良いのか」というご質問が 出ていました。 その方は、憧れの職業と自分の特徴が一致しないタイプ でし