リモート時代の仕事術 ~ 企業側のスタンス ~

更新日:2020年9月13日


国土の広いアメリカでは、リモート勤務への対応がしっかりしていて、

私が以前業務をサポートしていたアメリカ系外資企業では、リモートワークを

してもらう前提で、社員にプリンターとパソコン、移動が多い職種の人へは

もう1台小型のパソコンが貸与されていました。 そのプリンターが結構良いもので、日本よりも考え方が進んでいるなあ…と

思いました。 会社の資金力はさておき、日本でなかなかリモートワークが進まなかった理由の

一つに、離れて仕事をしているとさぼる人がいるのではないか、という不安が

あるのかなと思っています。 実際、そういう人も一定数いるとは思うのですが、仕事をさぼってしまう習性が

ある人は、オフィス出勤型の仕事をしたとしてもさぼるんじゃないか、というのが

私見です。


なので、私は、「性悪説」で規則や仕事の仕方を決めるよりも、「性善説」で

決めた方が良い組織になると考えています。 そもそも、疑ってしまいそうな人は採用しないように面接の段階で頑張るべし。

「人を信じる」という行為も一つのGive & Takeで、自分のことを信じてくれる

そのスタンスに、人は感動し、応えようとするんじゃないでしょうか。 性悪説に走るのは、その方が会社や自分の信頼を裏切っていることがわかってからで 良い気がします。

私はどちらのスタンスの会社でも複数回働いたことがありますが、「性善説」で

社員と向き合う会社の方がそれぞれのパフォーマンスが良かったです。

最新記事

すべて表示

2018年度の近畿大学卒業式でのスピーチ。 好きな考え方・感性で、自分の人生を振り返ってみても、 ああ、わかるな…と思いました。 近畿大学のYouTubeより: https://youtu.be/dJT_L6d_fU8 --- 最近、これからの世の中を考えたビジネス構想を持っている方との 出会いが増えています。 子供や下の世代に向けてこういうことを伝えられる大人が増えていくと 良いですよね✨

昨日は、交流の場で人事制度設計を担当させていただき今は伴走 フェーズに移っている顧問先の経営者の方とお会いする機会があり、 少しお話をしていたら、 「制度設計をしたことで中が整って、人を採用した後のパフォーマンスを 判断する指標が出来たので、安心して採用のアクセルを踏むことが できるようになりましたよ。」 と言ってくださいました。 嬉しかったです✨

最近、自分で勝手に仕事を作り出しては忙しくなる日々で、 アポの後、自分の作業にやっと手をつけることができるのが 夜になってしまっていました。 面接官の仕事が一日4~5件あっても疲れない&その後に やることはそれほど多くないのですが、経営者の方との会話が 一日4~5件だと、思考が動いたりやりたいことが出てきたり してしまうので、 これはアポの入れすぎね! と思い、今週から予定入れのペースを落とすこと