リモート時代の仕事術 ~ 企業側のスタンス ~

最終更新: 2020年9月13日


国土の広いアメリカでは、リモート勤務への対応がしっかりしていて、

私が以前業務をサポートしていたアメリカ系外資企業では、リモートワークを

してもらう前提で、社員にプリンターとパソコン、移動が多い職種の人へは

もう1台小型のパソコンが貸与されていました。 そのプリンターが結構良いもので、日本よりも考え方が進んでいるなあ…と

思いました。 会社の資金力はさておき、日本でなかなかリモートワークが進まなかった理由の

一つに、離れて仕事をしているとさぼる人がいるのではないか、という不安が

あるのかなと思っています。 実際、そういう人も一定数いるとは思うのですが、仕事をさぼってしまう習性が

ある人は、オフィス出勤型の仕事をしたとしてもさぼるんじゃないか、というのが

私見です。


なので、私は、「性悪説」で規則や仕事の仕方を決めるよりも、「性善説」で

決めた方が良い組織になると考えています。 そもそも、疑ってしまいそうな人は採用しないように面接の段階で頑張るべし。

「人を信じる」という行為も一つのGive & Takeで、自分のことを信じてくれる

そのスタンスに、人は感動し、応えようとするんじゃないでしょうか。 性悪説に走るのは、その方が会社や自分の信頼を裏切っていることがわかってからで 良い気がします。

私はどちらのスタンスの会社でも複数回働いたことがありますが、「性善説」で

社員と向き合う会社の方がそれぞれのパフォーマンスが良かったです。

最新記事

すべて表示

気づかなかった得意分野

社会人になってから、心理学系を中心に興味があるものを色々と 勉強していたのですが、起業する前の試験運転時代に、友達に 心理学のツールを使った対話をさせてもらったところ、 「シナプスみたいだね」 「感覚的に相手の本質や本心を見抜いているよね」と言われることが 何度かありました。 それってみんなできることなんじゃないのかな、と思ったのですが、 どうやらそんなことはないらしく、私は相手の人が気の赴くま

「事業はpassionとpainから生まれる」説は本当だと思う

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ

リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力