リモート時代の仕事術 ~ モチベーション管理 ~

更新日:2020年9月13日


私より1ヶ月早く在宅ワークを開始した知人とオンラインでおしゃべりしていた時に、

「家に一人だとモチベーション管理が大変ですよー」と言われたことがあります。 確かに、日々アポが入るような職種なら良いけれど、そういう職種じゃない場合には

誘惑が多いし、気分転換に雑談する相手がいないのってしんどいのかもしれないなあ

と思いました。 私自身は一人で周りを気にせず集中できる方が好きなので、在宅ワークの方が

生産性が高いです。 お子さんがいる人は、子供が同じ部屋で動き回る&話しかけてきちゃう問題があって

大変ですよね。 皆さん諸事情あると思いますが、私のおすすめはオンラインカレンダーに今日やりたい

仕事を1時間ごとくらいに入力してしまう方法です。 この時間帯は事務処理をやろうとか、この時間帯は電話しようとか、予め決めて、

ランチタイムもカレンダーに入力してしまう。(でもお腹が空いたらよしなに予定変更)

で、晴れていればランチはお散歩!! お日様ってホントにエネルギーをくれるので、気持ちがぐんぐんっと上がります。 自炊も最高だけど、時々テイクアウトのものを買いに行ったり。 散歩していたら新しいお店を発見して「諸々落ち着いたら行こう!」って思うことも

ありますし。

お家でランチ中45分だけこの動画見よう!って決めて、それを楽しみに頑張る日も

あります。 ゲーム性をつけつつゆるくタスク管理して、自分で自分を律するのが私には合っている

気がしてます。

みなさんはいかがでしょうか? リモートは便利なので、定着していくと良いですね!

最新記事

すべて表示

気づかなかった得意分野

社会人になってから、心理学系を中心に興味があるものを色々と 勉強していたのですが、起業する前の試験運転時代に、友達に 心理学のツールを使った対話をさせてもらったところ、 「シナプスみたいだね」 「感覚的に相手の本質や本心を見抜いているよね」と言われることが 何度かありました。 それってみんなできることなんじゃないのかな、と思ったのですが、 どうやらそんなことはないらしく、私は相手の人が気の赴くま

「事業はpassionとpainから生まれる」説は本当だと思う

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ

リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力