チームで働く?一人で働く?


独立や転職の際に、見落としがちだけれど実は予め考慮しておいたほうが

良いのが、「人と一緒に働きたいか、一人で働きたいか」。


面接でもよく聞かれる質問です。


本質的には、人と関わって一緒に泣いたり笑ったりと苦楽を共にすることに

喜びを覚え、その方がパフォーマンスが上がるチームプレータイプの人と、

自己責任・自己管理で一人で働く方が楽しく、パフォーマンスが上がる

個人プレータイプの人がいます。



チームプレータイプの人が一人で働いたときに起こりうる感情は、


「一人だと寂しい。人と一緒のほうが力が湧く。」

「周囲から必要とされたい。」

「自分の気持ちをわかってほしいし、自分に相談してほしい。」


→私の友人はこれをマンガに例えて「ワンピースタイプ」と言いました。



逆に、個人プレータイプの人がチームで働いたときに起こりうる感情は、


「自分で決断したい。縛られず、適度に放置してもらえたほうが力が湧く。」

「自立して働きたいし、周りにもそうしてほしい。」

「社内調整の時間が無駄に感じる。」


→私の友人はこれをマンガに例えて「ドラゴンボールタイプ」と言いました。



注意点として、これらは性格が良い・悪いといったものではなく、優劣も

ありません。

また、本質的に合わないとしてもどちらの働き方もやっちゃいけないわけ

ではありません。

精神的な成長とともに、どちらの働きかたも結構こなせるようになるものです。

そして、これらの要素がMixした本質をお持ちの方もいます。



さて、お話を戻しましょう。


それぞれどんな働きかたをすると心地良く、どこに気をつければ良いので

しょうか。


「ワンピースタイプ」のチームプレー好きさんが転職・独立する場合は、

アルバイトさんや社員の方を採用したり、社内に仲間がいる環境で気持ちを

ひとつにしながら和気あいあい働く方がモチベーションを維持しやすいです。


一方で、良くも悪くも人に干渉しがちなので、それが個人プレーが得意な

「ドラゴンボールタイプ」さんにストレスを与えることも。

人をコントロールしないようご注意を。



「ドラゴンボールタイプ」の個人プレー好きさんが転職・独立する場合は、

プロジェクトベースで人と関わったり、自立型の仕事について必要に応じて

協力し合い、普段はそれぞれの意向やペースを尊重する働きかたにした方が

ストレスが溜まらないでしょう。


一方で、チームプレーが得意な「ワンピースタイプ」さんには不親切な

印象を持たれて不安にさせてしまうことがありそうなので、時々声をかけて、

「困ったことがあったらいつでも遠慮なく言ってくださいね!」と伝えて

おきましょう。



実は重要な、好みの働きかた。

独立や転職の前に、良かったら考えてみてください。



#自分らしく働く #独立 #転職 #組織作り #Capire #伊藤亜里沙 

#チームビルディング

最新記事

すべて表示

リモート時代の仕事術 ~ 仕事をする時に求められること & 気をつける必要があること ~

一緒に仕事をするメンバーが常に横にいて、雑談からその人の状況を小耳に挟んだり、 雰囲気でその人の状況を察知して働いたりできなくなった今。 オンラインになると、「相手を見る術」が減るので、より成果物やパフォーマンスを 見る&見られる機会が増えますし、離れているからこそ、お仕事で関わる方たちを 信用する&周囲に自分を信用してもらうことって必要だなあと感じます。 つまり、見えないものを見ようとする力

目指すところ

パラビで久しぶりに「グランメゾン東京」を視聴。 (裏ドラマ「グラグラメゾン東京」もおすすめです!) 料理や接客の細かいところまでこだわっていて、一つ一つに意味があり、 みんなで素晴らしいお店を作り上げていく過程が好きで、TVで放送 されていた頃は次の週までに同じものを2回くらい見てました。 私が19歳の頃からお世話になっている美容師さんもグランメゾン東京が 好きで、ドラマの話で盛り上がり。 お話の

インプット

最近ちょこちょこ聴くようになったラジオ。 才能分業明細書®を作る時に聴くことが増えました。 適度に音の刺激があったほうが目の前の仕事に集中できるので、 音楽を聴いたりラジオを聴いたりしながらやることがあるのですが、 職業柄、人にお会いしてお話を伺う機会が多いので、仕事の技術力 アップにも良いな!と思っています。 リスナーさんからの質問への回答や出演者のコメントへの切り返しに 柔軟性と受容性がもの