チームで働く?一人で働く?


独立や転職の際に、見落としがちだけれど実は予め考慮しておいたほうが

良いのが、「人と一緒に働きたいか、一人で働きたいか」。


面接でもよく聞かれる質問です。


本質的には、人と関わって一緒に泣いたり笑ったりと苦楽を共にすることに

喜びを覚え、その方がパフォーマンスが上がるチームプレータイプの人と、

自己責任・自己管理で一人で働く方が楽しく、パフォーマンスが上がる

個人プレータイプの人がいます。



チームプレータイプの人が一人で働いたときに起こりうる感情は、


「一人だと寂しい。人と一緒のほうが力が湧く。」

「周囲から必要とされたい。」

「自分の気持ちをわかってほしいし、自分に相談してほしい。」


→私の友人はこれをマンガに例えて「ワンピースタイプ」と言いました。



逆に、個人プレータイプの人がチームで働いたときに起こりうる感情は、


「自分で決断したい。縛られず、適度に放置してもらえたほうが力が湧く。」

「自立して働きたいし、周りにもそうしてほしい。」

「社内調整の時間が無駄に感じる。」


→私の友人はこれをマンガに例えて「ドラゴンボールタイプ」と言いました。



注意点として、これらは性格が良い・悪いといったものではなく、優劣も

ありません。

また、本質的に合わないとしてもどちらの働き方もやっちゃいけないわけ

ではありません。

精神的な成長とともに、どちらの働きかたも結構こなせるようになるものです。

そして、これらの要素がMixした本質をお持ちの方もいます。



さて、お話を戻しましょう。


それぞれどんな働きかたをすると心地良く、どこに気をつければ良いので

しょうか。


「ワンピースタイプ」のチームプレー好きさんが転職・独立する場合は、

アルバイトさんや社員の方を採用したり、社内に仲間がいる環境で気持ちを

ひとつにしながら和気あいあい働く方がモチベーションを維持しやすいです。


一方で、良くも悪くも人に干渉しがちなので、それが個人プレーが得意な

「ドラゴンボールタイプ」さんにストレスを与えることも。

人をコントロールしないようご注意を。



「ドラゴンボールタイプ」の個人プレー好きさんが転職・独立する場合は、

プロジェクトベースで人と関わったり、自立型の仕事について必要に応じて

協力し合い、普段はそれぞれの意向やペースを尊重する働きかたにした方が

ストレスが溜まらないでしょう。


一方で、チームプレーが得意な「ワンピースタイプ」さんには不親切な

印象を持たれて不安にさせてしまうことがありそうなので、時々声をかけて、

「困ったことがあったらいつでも遠慮なく言ってくださいね!」と伝えて

おきましょう。



実は重要な、好みの働きかた。

独立や転職の前に、良かったら考えてみてください。



#自分らしく働く #独立 #転職 #組織作り #Capire #伊藤亜里沙 

#チームビルディング

最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない

林先生の初耳学を見ていたら、憧れの職業の話が出ていました。 フリーアナウンサーの方が優秀なマーケターの方に相談を されていて、「憧れは報道キャスターで、実際局アナ時代に 評価されたり楽しめたりしたのはバラエティーでの キャスタ―の仕事だが、どっち路線で行けば良いのか、 それとも他の路線を模索したほうが良いのか」というご質問が 出ていました。 その方は、憧れの職業と自分の特徴が一致しないタイプ でし