スゴイ店員さんの話

更新日:2018年12月4日



先日、近所のスーパーでアイスを買った時のこと。

アルバイトさんらしき外国人の店員さんの日本語が、細部までとっても

キレイでした。

先にレシートを渡してからおつり銭をくれる接客も親切だったので、 商品を袋に入れてくださっている間にどうしてもこの質問がしたくなる。

 私:  「日本語すごくお上手ですね。どうやって勉強されたんですか?   あ、今日本にいらっしゃるから日々覚えてくっていうのもあるん

  でしょうけど。」


 ニコニコしながら、店員さん:

 「日本に来る前に、日本語学校に通ったんです。」



・・・・・・

「日本の血が入っているようには見えなかったけど、すごく勉強したのかな」

「どうして日本に興味を持ってくれたのかな」

「これからどんなお仕事したいんだろう」と勝手に思いを馳せる。

(答えはないけれど)

そして勝手に、私も人生がんばろー!と思う夜。

・・・・・・

ちなみに4歳の姪は、今年の七夕の短冊に

「ぶちようになりたい」と書いていました。

「しやちよう」じゃないらしい。



#Capire #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

今日は父の日ですね。 実家に向かおうと自宅から外に出たら、小学生の頃に嗅いだ 家を出る前の時間と同じ外の香りがしました。 そして、実家の最寄駅に着き、歩いていると、また、小学生時代の 通学前の香りがしました。 今日の外の香りは子供の頃の香り。 私たち家族にとっては、今日が一区切りで新しい一歩の日です。 良い一日をお過ごしください☺︎

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない