ジャニーズのタレントさんを通して学ぶ人材育成

更新日:2月18日



先日、何気なく見つけたNetflixの「RIDE ON TIME」。 これは、ジャニーズ事務所の色んなグループや人にフォーカスしてその舞台裏を追った

コンテンツです。

CDデビュー前の人・グループにも密着していますし、既に多くの方々に知られているで

あろうグループにも密着しています。

私自身は、とても恐縮なのですが、ジャニーズのタレントさんに詳しくなくて、どの

グループに誰が所属しているのかがわかっておらず色々ごっちゃという知識レベル。

「なんか人材の層が厚い事務所だなあ」くらいの印象だったのですが、1つめの

エピソードを見たらすごく面白くて、続けてどんどん次を見ていってしまいました。

何がすごいかというと、仕事そのものや周囲の方々に対する考え方が素晴らしい人が

多いこと、謙虚さ、プロ意識の高さ、振り付けを覚えるスピードの早さ、適応力の高さ。


ジャニーさんの「Show must go on」という考え方もしっかり根付いています。

タレントとして活躍されている方が自分のグループや他のグループの振り付けを

担当したり、先輩が後輩のグル―プのコンサートをサポートしていたりといったグループ

横断の取り組みも行っていて、私が想像していた以上にそれぞれが主体性を持って

裏側から関わり、素晴らしいものを届けようとしているその精神が素敵だなと思うのです。

自分が10代、20代だった頃こんなに高い意識を持って生きてなかったよな、って。

「RIDE ON TIME」は、ダンスの練習風景も多く盛り込まれているので、ダンスや音楽が好きな方も楽しく見られるんじゃないでしょうか。

特に、  ・King & Princeさん  ・Snow Manさん  ・屋良朗幸さん  ・Travis Japanさん × 屋良朗幸さん  ・SixTONESさん のエピソードは必見です! 協力し合うと遠くへ行けますね。


最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない

林先生の初耳学を見ていたら、憧れの職業の話が出ていました。 フリーアナウンサーの方が優秀なマーケターの方に相談を されていて、「憧れは報道キャスターで、実際局アナ時代に 評価されたり楽しめたりしたのはバラエティーでの キャスタ―の仕事だが、どっち路線で行けば良いのか、 それとも他の路線を模索したほうが良いのか」というご質問が 出ていました。 その方は、憧れの職業と自分の特徴が一致しないタイプ でし