ステキなショーを観てきました



振付師兼ジャズダンサーであるONDY(恩田和典)さんのバースデー

ショー「星のシアター」を会場で観てきました。

ミュージカルの楽曲を中心とした歌とダンスのショーで、恩田さんは

自身も出演しつつ、構成・演出と全曲の振付を担当されています。



観客の満足だけではなく、出演者の皆さんの希望も叶えるという点にも

配慮した内容になっていたので、振付は普通に作るよりも難しいんじゃ

ないかなと思っていましたが、みなさんキラキラしてました!

恩田さんの才能がスゴイ!


準備にも、振付にも、パフォーマンスにも、当日の配慮にも恩田さんの

お人柄が滲み出ていて、見る人が見たらわかる「あっ、あの動き!」って

いう振りの発見もすごく楽しかったです。



星のシアターカンパニーの方々はオーディションで集まったメンバー

なので、元からお友達というわけではないと思うのですが、とても仲が

良さそう&サービス精神旺盛なのは、まとめている方(恩田さん)が

ステキだからなのかな。


恩田さんは、しなやかな動きと、流れでスッとやってしまうアクロバットや

柔らかい雰囲気だけれど存在感のあるパフォーマンスが魅力的だなと思って

います。 それを堪能できて嬉しかったです。



これからもっと見たいなあ。 パフォーマンスも振り付けも。


曲は知っていて好きだったけれど歌詞を知らなかった歌がいくつかあり、 自宅に戻ってから歌詞を知って、「こういう歌だったんだ」と思ったり。



想いも素晴らしく、忘れられない夜になりました。



※星のシアター オンライン配信

https://henryjumpon.thebase.in/items/62606518


※ONDY(恩田和典)さんHP https://ondakazunori.com/


最新記事

すべて表示

昨日は、小学校3年生の姪の学習発表会に行って きました。 学習発表会は、歌と劇を足して2で割った感じの、 学芸会に似た行事です。 私たちはみんなで最初パイプ椅子に座っていたのですが、 パイプ椅子の前にある、床にシートが敷いてある形式の 直座り席の方が見やすそう、ということで移動。 姪は、パイプ椅子にいる時にも直座りしている時にも 私たちがいる位置をすぐに見つけて、こちらに向けて たくさん手を振って

奈々(夏帆さん演じる役)と想の心情にフォーカスした第6話。 明らかにずっと奈々が想を追いかけていて、いつかこんな日が来て しまうのだろうとお互いに心のどこかでわかりながら日々を重ねて きたのでは、と感じました。 同じ考え方・行動を自分がするかどうかはまた別の話として、 奈々の強い想いが伝わってくる。 次の恋では、別の誰かとちゃんと通じ合えると良いね。 そして、好きな人が、自分の望みとは異なる道を選

木10ドラマ「silent #3」。 録画したものをランチタイムに見てしまうと、泣いて後が 大変なことに気づき、最近はちゃんと仕事が終わった後 観ることに。 (ネタバレになってしまうので、観ていた方だけ読み進めて ください↓) 湊斗の気持ちが知りたかったので、湊斗フォーカスの第3話、 こちらも、「そっかぁ…」と最後にまた涙でした。 後ろから想に話しかけるシーン。 昔は聞こえてたん