シャツが似合う人の特徴&ブランドとは何か②


「ブランドとは何か?」



今の顧問先の代表の方がこの問いに興味を示してくださったので、

人事制度設計前に「自社への誇りやブランドが生まれる背景」を

書面にまとめてディスカッションしたことがあります。


「本物とは何か?」という問いにも近いかも。


この話はパワポ資料になってしまったくらい長いのでこちらに

書けないのですが、これも学生時代から大好きな考え事です。



この問いについて、ある程度自分の中では答えが出て納得した頃に、

フジテレビで今井美樹さん主演の「ブランド」というドラマが放送

されました。



このドラマの中で、


「ブランドとは何か?」

「ブランドとの向き合い方は?」

「ステキな服との向き合い方は?」


ということについて触れられており、


「そうそう!私もそう思う!」


と思う部分がとても多かったです。



恋愛についても見ごたえがあって、


「一緒になる2人ってきっとこういう関係性なんだろう」とか、

「ソウルメイトに出会ったらきっとこんな感じなんだろう」


という気持ちも教えてもらったドラマです。


恋愛のとあるシーンでは、つられてたくさん泣きました。



「現実のビジネスの場ではそれをしたらだめよ」と思うような 

シーンもたくさんあるのですが、大局的に大事な部分だけ

捉えていくと本当に共感する部分が多く、おススメです。



そして、「やまとなでしこ」の衣装もそうなのですが、ラグジュアリー

ブランドは時が経ってからその装いを見ても、古くならないところが

素敵すぎます。




FODで配信されているので、良かったら最後までご覧ください☺



私は、また見たいな。




「ブランド」

https://fod.fujitv.co.jp/title/4421


最新記事

すべて表示

「シャツが似合う人とは?」 「ブランドとは何か?」 私はこの問いについて考えることが好きです。 --- 今、有楽町ルミネがある場所には、かつて有楽町西武がありました。 ここには外資系のブランドが多く入っていて、169cmと背の高い 私にとっては嬉しいラインナップ。 学生時代はよくここで買い物をしました。 当時、地下にワンフロアを贅沢に使ったラルフローレンのショップが あり、そこに生地の良いシャツが

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない

先日「ジャにのちゃんねる」を見ていました。 そこで、「10代を学業優先で過ごすか芸能を優先するか」という話に なったのですが、中丸さんは自己判断で「仕事優先にしていた」と 言っていました。 事務所のスタンスは、当時も学業が優先。 でも、中途半端に活動してデビュー出来なかったとしても誰かに責任を 取ってもらえるわけではない、と考えてそうしていたとのこと。 「どんな選択をするとしても、自分の意志を持つ