シャツが似合う人の特徴&ブランドとは何か①

更新日:6月18日

「シャツが似合う人とは?」

「ブランドとは何か?」


私はこの問いについて考えることが好きです。



---



今、有楽町ルミネがある場所には、かつて有楽町西武がありました。


ここには外資系のブランドが多く入っていて、169cmと背の高い

私にとっては嬉しいラインナップ。

学生時代はよくここで買い物をしました。



当時、地下にワンフロアを贅沢に使ったラルフローレンのショップが

あり、そこに生地の良いシャツがたくさん売っていて、私は長袖も

半袖も持っていたのですが、

(カジュアル路線の「POLO RALPH LAUREN」ではなく「RALPH LAUREN」です。)



「このシャツが似合う人になるにはどうしたら良いのか?」


「年齢を重ねてもシンプルなシャツ+細身のデニムが似合う人って

 どんな人なんだろう?」



ということをよく考えていました。



モデルさんは全般、シンプルなシャツ+細身のデニムが似合うの

ですが、「ファッション的にシャツが似合う」状態を通り越して

「シャツが自分と馴染んで雰囲気が出ている人」の特徴を研究

したところ、


馴染んで雰囲気が出ている人は、「体型や姿勢を含め見た目に

気を遣っている」というだけではなく、



「知性と品を兼ね備えている」



のではないか?ということに行きつきました。


では、



「知性や品はどこから生まれるのか?」



という話になるのですが、

これについては高校生の頃から思いを巡らせています。



この話もし出すと止まりません☺︎



以前のブログ記事で、「未来映像を見た&自分が白いシャツに

細身のブルージーンズをはいてスタジオみたいな場所で誰かと

爆笑していた」というお話を書いたのですが、白シャツが

似合う大人になりたい願望がこんなところにまで。


笑っちゃいます^ ^



最新記事

すべて表示

「ブランドとは何か?」 今の顧問先の代表の方がこの問いに興味を示してくださったので、 人事制度設計前に「自社への誇りやブランドが生まれる背景」を 書面にまとめてディスカッションしたことがあります。 「本物とは何か?」という問いにも近いかも。 この話はパワポ資料になってしまったくらい長いのでこちらに 書けないのですが、これも学生時代から大好きな考え事です。 この問いについて、ある程度自分の中では答え

先日のブログに「美容皮膚科の開業医が女性版憧れの職業」という 話を書いたので、今日は、私がこの職業の方を尊敬するようになった きっかけを書いてみます。 女性版は、クリエイティブなことが得意ではない今の自分と似ている 職業です。 きっかけは、面接官をさせていただくようになったこと。 自分の人生の方向性がおおよそ決まっている方が多い理系の女性に、 だんだん憧れるようになっていきました。 自分に必要ない

先日「ジャにのちゃんねる」を見ていました。 そこで、「10代を学業優先で過ごすか芸能を優先するか」という話に なったのですが、中丸さんは自己判断で「仕事優先にしていた」と 言っていました。 事務所のスタンスは、当時も学業が優先。 でも、中途半端に活動してデビュー出来なかったとしても誰かに責任を 取ってもらえるわけではない、と考えてそうしていたとのこと。 「どんな選択をするとしても、自分の意志を持つ