グッとフレーズ


今週の金曜日に放送された「この歌詞が刺さったグッとフレーズ」

という番組を録画で見ていました。


心に染みたり、歌詞の意味を知って涙が出たりと心が大忙し。



例えば、一青窈さんの「ハナミズキ」という歌。


当時は歌詞を聞いてもどういうシチュエーションを歌っているのか

わからず、自分の人生の中に経験がない出来事を歌っているような

気がしていました。



この曲は、9.11で母が息子を先に行かせるシチュエーションを歌って

いるのだそうです。


それを知った上で歌詞を読んだり聞いたりすると、

「そういうこと…」と一気に涙が溢れてきます。 https://www.youtube.com/watch?v=TngUo1gDNOg




嵐さんの「カイト」は、東京オリンピックのテーマソングでしたが、



 悲しみを越えてどこまでも行こう

 そして帰ろう その糸の繋がった先まで


 風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて

 君の夢よ 叶えと願う 溢れ出す ラル ラリ ラ



というフレーズは、満足がいく時間を過ごせた選手よりも、満足とは

言えない結果に終わった選手に温かく刺さりそう。



「糸の繋がった先」は、日本かもしれないし、応援してくれている誰か

かもしれません。


「ラル ラ リラ」になっていて答えが描かれていない、「溢れ出す」

ものは何だろう、とも思いました。




私は自分で自分を回復させたいときや前を向きたい時には、


「自分の中にグレー(=中途半端や後悔)を残さない」


ということを大事にしています。



だから、しっかり泣いたり、しっかり落ち込んだり、しっかり誰かに

話したり、思う道を進んだりして、ちゃんと終わらせたり向き合ったり

します。


パーツで見たら「終わり」である出来事も、人生という長いスパンで

見てみると、「何かの始まり」につながる道でもあるから。



でも、人の回復に寄り添う過程では、無理に引き上げるのではなく、

グレーが白に変わるまで見守るのも良いですよね。




3h番組でしたが、結構泣いて体からたくさんの水分が出ていきました。


歌詞の意味や曲の背景を知る過程は面白いです。



こういう番組、また見たい☺






最新記事

すべて表示

昨日は、小学校3年生の姪の学習発表会に行って きました。 学習発表会は、歌と劇を足して2で割った感じの、 学芸会に似た行事です。 私たちはみんなで最初パイプ椅子に座っていたのですが、 パイプ椅子の前にある、床にシートが敷いてある形式の 直座り席の方が見やすそう、ということで移動。 姪は、パイプ椅子にいる時にも直座りしている時にも 私たちがいる位置をすぐに見つけて、こちらに向けて たくさん手を振って

2018年度の近畿大学卒業式でのスピーチ。 好きな考え方・感性で、自分の人生を振り返ってみても、 ああ、わかるな…と思いました。 近畿大学のYouTubeより: https://youtu.be/dJT_L6d_fU8 --- 最近、これからの世の中を考えたビジネス構想を持っている方との 出会いが増えています。 子供や下の世代に向けてこういうことを伝えられる大人が増えていくと 良いですよね✨

木10ドラマ「silent #3」。 録画したものをランチタイムに見てしまうと、泣いて後が 大変なことに気づき、最近はちゃんと仕事が終わった後 観ることに。 (ネタバレになってしまうので、観ていた方だけ読み進めて ください↓) 湊斗の気持ちが知りたかったので、湊斗フォーカスの第3話、 こちらも、「そっかぁ…」と最後にまた涙でした。 後ろから想に話しかけるシーン。 昔は聞こえてたん