よくいただくご質問「起業前にたくさん勉強しましたか?」

更新日:2018年12月4日



講座の参加者さんや才能分業明細書の個人のお客様から、

「起業前に結構勉強されましたか?」と聞かれることが多いんですが、


答えは、「はい。」です。


ただ、「勉強っていうより興味の深堀りをしました。」という感じ。


恥ずかしながら、私、勉強が嫌いで。。。


好きな教科だと大学の試験でも100点を取るけれど、嫌いな教科や

乗らない勉強に関しては平気で50点を取るような学生でした。

未だに、本も新聞も苦手です。

だから、ニュースはネットかTVから。



そんな私がなぜ自分の事業を立ち上げられるくらいまで勉強できたかと

いうと、単にそれは、知りたかったから & やりたかったから

なので、事業立ち上げ前の勉強を「うっ」って思うのだとすれば、 その分野で事業は立ち上げない方が良いと思います。

気持ちが続かないんじゃないでしょうか。


事業や新サービスは、自分が知りたくてたまらないものだけを細く深く

掘り下げた先にひょっこり見つかるもののような気がします。


好きなものを見つけるまで、どんどん行動して、心で感じて、

そんなみずみずしい日々の中で「これだ!」って思えるものに出会えたら

ステキですね。



#適職診断 #自分らしく働く #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

着想Day

私は、ふとした時に急にアイディアが降ってくるので、思いついた時に ノートにそれらをバーッと書いておくようにしています。 できるだけジャンルごとに。 着想ノートは罫線なしの方がより自由に発想できる気がするので、 いわゆる子供の自由帳みたいな白い紙が好きです。 着想ノートの各ページに書いた内容を頭の中にPDFスキャンみたいに 記憶しておくと、忘れにくくて頭も整理されていくので、おススメです。 TVを見

気づかなかった得意分野

社会人になってから、心理学系を中心に興味があるものを色々と 勉強していたのですが、起業する前の試験運転時代に、友達に 心理学のツールを使った対話をさせてもらったところ、 「シナプスみたいだね」 「感覚的に相手の本質や本心を見抜いているよね」と言われることが 何度かありました。 それってみんなできることなんじゃないのかな、と思ったのですが、 どうやらそんなことはないらしく、私は相手の人が気の赴くま

「事業はpassionとpainから生まれる」説は本当だと思う

私は今、人事コンサルタントと、診断屋さんみたいな仕事をしています。 コンサルタントとしては、 ●人事制度設計のコンサルティング ●部下との向き合い方研修 ●役職者専門1on1 を行っていて、主に企業の経営層とやり取りしていますが、 診断屋さんとしては、 ●ビジネス向けの才能診断「才能分業明細書*」 ➡経営者のマネジメント特性や、分析対象者​の仕事特性、 診断対象者との向き合い方がわかる ●スポーツ