top of page

なんでも話せる相手

更新日:2018年12月4日



先日、別の仕事でがんを克服して活躍されている方々の講演や

パネルディスカッションを聴いてきました。


登壇者さんたちが語っていらした内容で印象に残った言葉があります。



それは、


「『ぶっちゃけどうなの?』って話ができる人が、周りにいることが大切」

というお言葉。


今どんな状況なのか、どんな心境なのかを本音で語れる相手がいれば、 辛い時に一緒に泣いたり支え合ったりできるし、職場や家庭などで がんとどんな風に向き合っていけば良いかをきちんと話し合うことが

できるから、と話してくださいました。



ホントにそうだな。




最新記事

すべて表示

好きなことの深掘り & 先入観を持たずに向き合うということ

私はフィギュアスケートを見るのが昔から好きで、競技経験はないの ですが、見ていたら6種類のジャンプがある程度見分けられるように なりました。 ある時、 「ただぼーっと見ているのもなんだな」 と思い立って、各ジャンプの特徴と難易度を簡単に調べてから試合を 見るようにしてみたら、解説なしでも結構わかるようになって、 出来栄え点が予測できたり、回転不足の場合には何分の1回転が 足りないのか見えるように。

ダンスの指導スタンスの話

以前ブログでTV番組に出ていたキッズダンサーのほなつちゃんの 大ファンになった話を書きました。 ほなつちゃんについて簡単に説明すると、世界大会で優勝している kirameki☆glitterというダンスチームに所属していて、自身は 国内1位のすごい小学生です! そのほなつちゃんを指導しているのがひとみ先生。 今日はこのひとみ先生について書きたいと思います。 子供のダンス指導は相手が小さくてかわい

Snow Man - Shota Watanabe / Ren Meguro「Two」- MVの考察

今日の日中は空が青かったですね。 ランチの帰りに少し遠回りして、桜並木を通って空を見上げ ながら自宅に戻りました。 まだ春を感じられるのが嬉しいです。 私は職業柄、社内秘や社外秘事項を多く扱うので、気軽に人に 話すことができないものに向き合っている日があります。 そのため、自分で自分の気持ちを動かすことによって発想力を 高めたり気持ちを回復させたりして精神的に良い状態を保つことを 心がけていて、楽

Kommentare


bottom of page