なんでも話せる相手

更新日:2018年12月4日



先日、別の仕事でがんを克服して活躍されている方々の講演や

パネルディスカッションを聴いてきました。


登壇者さんたちが語っていらした内容で印象に残った言葉があります。



それは、


「『ぶっちゃけどうなの?』って話ができる人が、周りにいることが大切」

というお言葉。


今どんな状況なのか、どんな心境なのかを本音で語れる相手がいれば、 辛い時に一緒に泣いたり支え合ったりできるし、職場や家庭などで がんとどんな風に向き合っていけば良いかをきちんと話し合うことが

できるから、と話してくださいました。



ホントにそうだな。



#Capire #伊藤亜里沙


最新記事

すべて表示

振付師兼ジャズダンサーであるONDY(恩田和典)さんのバースデー ショー「星のシアター」を会場で観てきました。 ミュージカルの楽曲を中心とした歌とダンスのショーで、恩田さんは 自身も出演しつつ、構成・演出と全曲の振付を担当されています。 観客の満足だけではなく、出演者の皆さんの希望も叶えるという点にも 配慮した内容になっていたので、振付は普通に作るよりも難しいんじゃ ないかなと思っていましたが、み

前回のブログに「振付師さんが男性版憧れの職業」という話を書いたので、 今日は、私が振付師さんを尊敬するようになったきっかけを書いてみようと 思います。 といっても、きっかけはたくさんありすぎるのですが、きちんと語れる 一番大きなきっかけはフィギュアスケートです。 私のフィギュア好きの歴は長く、伊藤みどりさんの引退後、日本選手が 好成績を残していない時期でも、オリンピックや世界選手権がTVで放送 さ

最近、アポの前に、これからお会いする方やお客様の 未来が既に良い方向に進んでいる前提で、心の中で天に お礼を伝えてからアポの時間を迎えています。 家族のことや私自身のことも、願望が既に叶っている前提で 心の中でよくお礼を言っています。 信じている宗教があるわけではなく、引き寄せの力が強い なら、人の分も願ったら叶えられるかな?と思ったことが きっかけで、今年の春から始めました。 私の仕事はお客様の