それぞれのココロが満たされる家族関係

更新日:2018年12月4日



私の理想の家族は、姉ファミリーである。

という話は、姉にも何回かしたことがあります。

いつも思いやりと笑顔と愛で溢れているから。


そんな姉ファミリー、今日は午前中に母と子で親子マラソンをしてきたそうで、 義理の兄と姉がLINEで写真を送ってくれました。


水分補給の代わりに食べ放題のイチゴが振る舞われており、イチゴを食べる姪の

姿に癒される。かわゆいっ



以前、夫婦のコミュニケーションについて取材をする仕事をしていたのですが、

その頃、取材を受けて下さる方を探すのがかなり大変でした。


 ■人前に出ていくことに抵抗がない方であること

 ■家庭生活がうまくいっている方であること


この2つが満たされないと取材を引き受けていただくことができず、

「うまくいっている家族や夫婦って案外少ないのかもしれない」と感じることが

多かったです。


私のもう一つの事業で「家族の本質明細書」という、家族のメンバー全員の

心地よい生き方・過ごし方を記載したレポートを作成するサービスがあるのですが、

この事業は上記の現実に直面して、「やりたい!」「やった方が良い!」と

感じて誕生しました。


せっかく家族っていうチームで一緒に暮らすんだったら、幸せや楽しさを感じる、

満たされた時間を過ごせたら良いなと思っています。

今日はひな祭り会にお呼ばれしているので、夕方から姉邸に行ってきます☆



#家族の本質明細書 #家族関係向上 #伊藤亜里沙

最新記事

すべて表示

初めはビジネスの才能診断を作り出して独立しました。 才能診断を通して経営者のお客様に向き合う日々の中で、個人が 活躍するフィールドである企業がさらに良い場所になったら 良いなと思うようになって、高速で複数の会社で企業人事の 経験を積みました。 その知見が溜まったタイミングで、自然に人事顧問のお仕事を いただくように。 でも、一人で顧問をしていても生涯で関われる企業の数は限られて しまいます。 だっ

今、ピアノの音にハマっていて、Youtubeで検索しては 色んな曲を聴いています。 子供の頃、私と姉は、棚の前に椅子を置いて座り、本を 楽譜のような場所に立てて、ピアノを弾く真似をして 遊んでいたそうです。 私も少しだけ覚えています。 それで、母が私たちをピアノ教室に入れてくれました。 私は好きな曲と嫌いな曲とで仕上がりにとてもムラがあり、 コツコツと反復練習することも苦手だったので、決して 上手

今年の前半は、体が疲れていたことが理由で少しお仕事をセーブ してきたのですが、その時間は、改めて自分の仕事の仕方や時間の 使い方に向き合う機会になりました。 空白の時間て本当に大事ですね。 この期間で見えてきたのは、 「自分が作り出した仕事や、志を同じくしている人たちと一緒に やる仕事にもっと時間を使っていきたいな」 「何かに本気の人を、全力応援したいな」 という想いでした。 世にある仕事をお引き