お月様を眺めた誕生日

先日は、皆既月食とスーパームーンの日でしたね。


近所の見晴らしの良い場所でお月様待ちしていた時に

同じように近くで空を眺めていた親子と


「お月様見えます?」

「見えないですねぇ」


と話した後、自宅に戻ってしばらくしたら、ベランダから

皆既月食がきちんと見えた夜でした。


昔の人もこうして空を見ながら会話をした夜がたくさん

あったんだろうな。


ここ10年くらい、長く続く命のバトンを持っている自分の代を

どう生きるか、小さな力しかないけれど自分というリソースを

どこに使うと少しでも世の中に貢献できるのかを考えたり

していて、それが今の事業にも繋がっています。

  

というわけで、ここからの一年も丁寧に後悔がないように

過ごしたいなと思います!

最新記事

すべて表示

昨日、劇団四季の「アナと雪の女王」を観てきました。 とてもステキで、2回泣いちゃいました。 実は母が1年半ほど前に姉の誕生日プレゼントとしてこのチケットを 購入してくれていたのですが、コロナの影響で公演が先送りになり、 昨日やっと観ることができました。 (私はおまけで行かせてもらいました^^ 母に感謝。) 母には昔からクラシックのコンサートに連れて行ってもらったり、 音楽番組の観覧に連れていって

戦略×実力×人間性×個性×継続=最強 不思議な計算式を書いてしまいましたが。 私がコンサルタントとして今刺激を受けているのがSnow Manさん。 彼らを計算式にしてみようと思ったらこんな式になりました。 彼らを知ったきっかけは、緊急事態宣言中にNetflixで見た RIDE ON TIMEというドキュメンタリー。 ジャニーズに詳しくない私が、身体能力の高さに興味を持って Youtubeを見てみた

「日曜日の初耳学」を見ていたら、冨永愛さんが出演されていて、林先生と 「学校教育は、均一に何でもできるようにしようとしがちだけれど、得意な ことを1つでも良いから見つけて、それを伸ばしたほうが良いと思う。」 「『でも、それが見つからないんです。何もできません。』で済む時代じゃ ないと思う」 といったことを話していました。 本当にそうだなぁ、、、と思います。 小学生の時、「学年て必要なのかな」と真剣