top of page

えんとつ町のプペルを観ました


キンコン西野さんが、

「ハロウィンの時期にプペルを観て欲しい」

と言っていたことを思い出し、西野さんが作ったアニメ映画

「えんとつ町のプペル」を観てみました。




ラストにふわっと涙が溢れるステキなストーリーでした。




ハロウィンの時期に観られるものを作ったのは、時代を越えて

子供たちにメッセージを伝えられるからなのかな。


ディズニー映画も、私たちが子供の頃に観ていたものを、

今の子供が観たりしますよね。




最後、声優さんがクレジットされる箇所に



  町人A  カジサック



とあって、テンションが上がりました。



色々書きたいけれど、ネタバレしたくないので、まだご覧になって

いない方は良かったら観てみてください。


最新記事

すべて表示

日曜劇場 VIVANT 最終話 考察

ドキドキしながら迎えた最終回。 今まで何回かこのブログでもVIVANTのここが気になる、 あれが気になる、と考察してきたものが結構回収されていて、 「ほうほうほう!」と見ていました。 最後ですが、 ここからはネタバレを含みますので録画をこれからご覧に なる方は一旦閉じていただき、録画を見てから読んで ください。 --- さて、気になった部分の考察です。 お父さんが長官の家にやってきた憂助を見て

日曜劇場 VIVANT #7 考察

ラストを見てびっくりしすぎて言葉を失った第7話。 しばしぼんやりしてしまいました。 今私が気になっていることは、 ・竜星涼さん演じる公安の新庄が実は別班なのではないか →切れ者っぽいのに、いつもタイミングよく別班を見失っている →仲間の手助け? ・役所広司さん演じるベキは家族のために何かをしている気がする →ジャミーンのお父様と知り合いのようなので良い人そう TENTのマークが家紋というのも悪いこ

ドラマ「ウソ婚」#5 感想

今週分も先週分も2回観てしまいました、ウソ婚。 渡辺翔太さん演じる進藤フォーカスの回。 このドラマは後ろからのアングルで登場人物の心理描写をするところが 絶妙です。 進藤が匠邸にお邪魔することで、 進藤(1人) 八重+匠(2人) に精神的に分かれてしまう回になってしまうのかなと思っていましたが、 進藤+八重+匠(3人) になった気がした嬉しい回でした。 匠と進藤のパセリ観の違いも面白かった。 私

bottom of page