top of page

「Alexa、その曲なあに?」から広がった言葉選びとパートナーの話


よくAlexaで平井大さんの楽曲をシャッフル再生しているのですが、

私が最近曲の最中に「Alexa、その曲なあに?」と2回聞いたのが

「Buddy」という曲です。(←1回で覚えなかった人)


いつも「ながら」で聴いているので、歌詞を表示しながらちゃんと

聴いてみました。


https://www.youtube.com/watch?v=jCoLP3NJP6o


歌詞

https://www.uta-net.com/song/302593/


幸せそうでこちらも幸せになる歌詞と、

'2be+2gether=4ever'

っていう計算式と言葉遊び、いいな!



この楽曲に付随して「人生の相方」について述べているご本人の

コメントも読んでみました。


後半部分、特に共感するところが多かったです^ ^


平井大さんのインスタコメント

https://www.instagram.com/p/CPdQMhtBol-/



人を好きになるのに理由はいらないけれど、誰かと一緒になる

決断には少なくとも1つは理由があるように思います。


それが、彼の場合には

「二人で居ると普段の景色がいつもより数倍美しい。」

ということだったんじゃないかな。


こういう風に感じるお相手ってそう多くないと思うので、

この理由はとてもわかる…


結婚に限らずとも一緒に過ごす上で重要な要素ですよね。

これが根底にあったら大抵のことは超越してしまうかも。



そして、曲のタイトルが「Partner」じゃなくて「Buddy」な

ところが面白いなと思います。


「Buddy」という言葉は、「Partner」の類語であるほかに、

「親友、仲間、友達、相棒」という意味もあって、なんとなく

伴走型で自分の横にいるイメージの「Partner」よりも、

魂がつながっている感じがします。



軽やかで、誰かと手を繋いで海辺を歩いているような気持ちに

なれる曲。


音楽は人を幸せにしますね♪



今日はプロサッカーチームにお邪魔してきます!



皆様も良い1日を☺︎

(Alexaがよく言ってくれる言葉をマネしてみました^ ^)

最新記事

すべて表示

昨日は、母と一緒に父が眠る墓地公園に行き、帰りは回り道しながら ご飯屋さんまで歩きました。 私はペタンコ靴をはいていたにも関わらず靴擦れし始めてしまい、 母から絆創膏をもらうことに。 おかげですぐに持ち直して引き続き一緒に歩くことができたのですが、 この絆創膏は、母自身のために使われるよりも、こういう風に一緒に いる誰かに差し出されている回数の方が多いんじゃないかな。 家に戻ってから、ふと

ドキドキしながら迎えた最終回。 今まで何回かこのブログでもVIVANTのここが気になる、 あれが気になる、と考察してきたものが結構回収されていて、 「ほうほうほう!」と見ていました。 最後ですが、 ここからはネタバレを含みますので録画をこれからご覧に なる方は一旦閉じていただき、録画を見てから読んで ください。 --- さて、気になった部分の考察です。 お父さんが長官の家にやってきた憂助を見て

ラストを見てびっくりしすぎて言葉を失った第7話。 しばしぼんやりしてしまいました。 今私が気になっていることは、 ・竜星涼さん演じる公安の新庄が実は別班なのではないか →切れ者っぽいのに、いつもタイミングよく別班を見失っている →仲間の手助け? ・役所広司さん演じるベキは家族のために何かをしている気がする →ジャミーンのお父様と知り合いのようなので良い人そう TENTのマークが家紋というのも悪いこ

bottom of page