「ありのまま」「自分らしさ」が受け入れられる条件

更新日:2月18日

戦略×実力×人間性×個性×継続=最強


不思議な計算式を書いてしまいましたが。

私がコンサルタントとして今刺激を受けているのがSnow Manさん。 彼らを計算式にしてみようと思ったらこんな式になりました。


彼らを知ったきっかけは、緊急事態宣言中にNetflixで見た RIDE ON TIMEというドキュメンタリー。


ジャニーズに詳しくない私が、身体能力の高さに興味を持って Youtubeを見てみたら、ダンスの実力、トーク力、仲の良さや それぞれの人柄に惹かれて毎週アーティストチャンネルの更新を 楽しみに待つようになりました。


マネジメント目線で見てもコンサルタント目線で見ても、顧客目線で 見ても魅力的。


メンバーに対して「お前はそのままでいいんだよ」と言っている 場面があることも魅力的だなって思います。



会社にいると、「そのままでいいんだよ」と伝え合える瞬間は 少ないですよね。


この言葉は、周囲がその人のありのままをそのまま肯定したくなる ような努力と人間性が必要で、磨き続けているステキな人同士だから

こそ成り立つ言葉。 それがまだない状態だと他のアプローチが必要になってしまいます。

私は、お客様が自分自身や周りの人とどう向き合うか、人生とどう 向き合うのか、仕事とどう向き合うかについて事業を通してサポート しているのですが、私がHPに記載している大切な価値観である 「それぞれの人が自分らしくいられて、お互いのらしさを尊重し合える 関係性」は、ベースがあってこそ。優しく聞こえるフレーズだけれど、 実は、奥が深くて簡単に実現できることではないと思っています。


Snow Manさんのメンバー同士の関係性は、私の事業が目指す理想形だと 感じるから、惹かれるのかな。



最新記事

すべて表示

私は採用の全フローと人事制度を中心に人事領域の経験を 積んできたのですが、 「戦略を考えるよりも制度を作り出すよりも難しい仕事かも しれないな」 と思ったのは、面接官でした。 面接は、人事経験を長く積めば自然にうまくなれるわけでは ないと思ったので、採用職種や役職に応じて、 「募集要項に掲げた人物像と近い方かどうかを見抜くには、 どんな質問をしたら効果的なんだろう?」 と考えて事前に質問設計をして

「ブランドとは何か?」 今の顧問先の代表の方がこの問いに興味を示してくださったので、 人事制度設計前に「自社への誇りやブランドが生まれる背景」を 書面にまとめてディスカッションしたことがあります。 「本物とは何か?」という問いにも近いかも。 この話はパワポ資料になってしまったくらい長いのでこちらに 書けないのですが、これも学生時代から大好きな考え事です。 この問いについて、ある程度自分の中では答え

「シャツが似合う人とは?」 「ブランドとは何か?」 私はこの問いについて考えることが好きです。 --- 今、有楽町ルミネがある場所には、かつて有楽町西武がありました。 ここには外資系のブランドが多く入っていて、169cmと背の高い 私にとっては嬉しいラインナップ。 学生時代はよくここで買い物をしました。 当時、地下にワンフロアを贅沢に使ったラルフローレンのショップが あり、そこに生地の良いシャツが