top of page

「ありのまま」「自分らしさ」が受け入れられる条件

更新日:2023年8月29日

戦略×実力×人間性×個性×継続=最強


不思議な計算式を書いてしまいましたが。

私がコンサルタントとして今刺激を受けているのがSnow Manさん。 彼らを計算式にしてみようと思ったらこんな式になりました。


彼らを知ったきっかけは、緊急事態宣言中にNetflixで見た RIDE ON TIMEというドキュメンタリー。


ジャニーズに詳しくない私が、身体能力の高さに興味を持って Youtubeを見てみたら、ダンスの実力、トーク力、仲の良さや それぞれの人柄に惹かれて毎週アーティストチャンネルの更新を 楽しみに待つようになりました。


マネジメント目線で見てもコンサルタント目線で見ても、顧客目線で 見ても魅力的。


メンバーに対して「お前はそのままでいいんだよ」と言っている 場面があることも魅力的だなって思います。



会社にいると、「そのままでいいんだよ」と伝え合える瞬間は 少ないですよね。


この言葉は、周囲がその人のありのままをそのまま肯定したくなる ような努力と人間性が必要で、磨き続けているステキな人同士だから

こそ成り立つ言葉。 それがまだない状態だと他のアプローチが必要になってしまいます。

私は、お客様が自分自身や周りの人とどう向き合うか、人生とどう 向き合うのか、仕事とどう向き合うかについて事業を通してサポート しているのですが、「それぞれの人が自分らしくいられて、お互いの

らしさを尊重し合える関係性」は、ベースがあってこそ。

優しく聞こえるフレーズだけれど、実は奥が深くて簡単に実現

できることではないと思っています。


Snow Manさんのメンバー同士の関係性は、私の事業が目指す理想形だと 感じるから、惹かれるのかな。



最新記事

すべて表示

好きなことの深掘り & 先入観を持たずに向き合うということ

私はフィギュアスケートを見るのが昔から好きで、競技経験はないの ですが、見ていたら6種類のジャンプがある程度見分けられるように なりました。 ある時、 「ただぼーっと見ているのもなんだな」 と思い立って、各ジャンプの特徴と難易度を簡単に調べてから試合を 見るようにしてみたら、解説なしでも結構わかるようになって、 出来栄え点が予測できたり、回転不足の場合には何分の1回転が 足りないのか見えるように。

ダンスの指導スタンスの話

以前ブログでTV番組に出ていたキッズダンサーのほなつちゃんの 大ファンになった話を書きました。 ほなつちゃんについて簡単に説明すると、世界大会で優勝している kirameki☆glitterというダンスチームに所属していて、自身は 国内1位のすごい小学生です! そのほなつちゃんを指導しているのがひとみ先生。 今日はこのひとみ先生について書きたいと思います。 子供のダンス指導は相手が小さくてかわい

Snow Man - Shota Watanabe / Ren Meguro「Two」- MVの考察

今日の日中は空が青かったですね。 ランチの帰りに少し遠回りして、桜並木を通って空を見上げ ながら自宅に戻りました。 まだ春を感じられるのが嬉しいです。 私は職業柄、社内秘や社外秘事項を多く扱うので、気軽に人に 話すことができないものに向き合っている日があります。 そのため、自分で自分の気持ちを動かすことによって発想力を 高めたり気持ちを回復させたりして精神的に良い状態を保つことを 心がけていて、楽

Комментарии


bottom of page