チーム編成に必要な視点



チーム編成をする時は、そのチームをどうしたいかによって、

組むと良い相手が変わります。



組み方は色々ありますが、そもそも、ある程度目線が同じ人同士で

組まないと、あまり意味を成しません。



組織内にいろんなメンバーがいる状態でのチーム編成なので、

実際はけっこう話が複雑なのですが、わかりやすくするために

単純な例でお話すると、


特に、上司の視座が部下より低い場合で、たとえば、


上司の視座:自身の名誉や権威に目が向かう、自己利益タイプ

部下の視座:チーム・組織・世の中の幸せに目が向かう、他者利益タイプ といった場合には、部下たちがストレスを溜めやすく、上司に何かを

働きかけても動いてもらえなかったり、調整の仕方に不満を抱いたり

することが多いので、部下が退職しやすいです。



もしも、上司と部下の視座が逆(上司が高くて部下が低い)なら、

教育で解決できるので、上司になった人に負荷はかかるものの、

じっくり引き上げていくことで解決できます。

その代わり、今度は上司が退職しやすくなるので工夫が必要です。 一言にチーム編成や組み合わせといっても事前に見たほうが良い

ポイントはたくさんありますが、どんなチームで組んだとしても、

中間管理職層の視座が高ければチーム力は上がっていくので、

会社側がこれを上げる工夫をしていくと、より素敵な組織に

なっていきます。


そうすれば、経営陣は経営に集中できて、現場の第一線は活気づくので、

良いことがいっぱい起こります!




#適材適所 #チームビルディング #中間管理職の教育